クルマ

2016年8月26日 (金)

ホンダNSX

昨日は、午前中に顧問先を訪問して、決算に関する打ち合わせなど。

午後は、事務所で6月決算法人の税務申告書の作成など。

---------------------

【ホンダNSX】

もう3年以上も前になるだろうか。

ホンダの某ハイブリッド車を試乗したことがあった。

角を曲がって、「さあ加速だ」とアクセルを踏んだところ、車はほとんど反応せずモーターがウィーンと回るだけ。

その後、気が付いたようにガソリンエンジンが始動し加速を始めた。

このアクセルから加速への反応までの激しいタイムラグは、私の車選びにとって致命的なのだ。

ハイブリッドは私には合わないなと思った瞬間だった。

そのホンダが、2005年に生産を中止したスポーツカー「NSX」をフルモデルチェンジして再登場させた。

ホンダの新型NSX、V6ツインターボ+3モーターで「圧倒的な加速感」』(産経ビズより)

価格は2370万円というから、まず購入を検討することはないが、新たにハイブリットシステムを搭載し、その「圧倒的な加速感」というのが気になる。

技術は進歩するわけで、ハイブリッドの弱点であるアクセル動作と加速を「意のままに操作する」感覚が、このNSXによって得られたのだろうか。

「圧倒的な加速感」を試せる機会は、公道ではないだろうが、公道であってもちょっとした追越しや車線変更の際に、加速と減速を意のままにできるとそれがスムーズに行く。

ホンダNSX 1台2370万円に賭けた挑戦』(日経新聞より)

その価格設定にどういう意図があるかわからないが、NSXを開発することで培った技術はやがて高級車、大衆車へと降りてくる。

記事にある通り、フィットでリコールを連発したのは、トランスミッションが原因だったと記憶するが、今、大衆車のトランスミッションはCVTが全盛だが、ホンダは多段変速のATに挑戦した結果、不具合を連発した。

しかし、そうしたチャレンジは称賛されるべきで、大衆車であっても少しでも意のままに操れるような車へと脱却するチャレンジは続けてほしい。

宝くじでも当たらない限り、NSXはちょっと手の出ない価格だが、その開発で培った技術がやがて大衆車まで降りてくれば、ホンダは面白いと思う。

| | コメント (2)

2016年8月22日 (月)

カローラ論

金曜日は、会計監査の仕事で朝から松江市内の法人を訪問。

--------------------

【カローラ論】

「C」という頭文字は、昔のトヨタにとってゲン担ぎの文字で、「クラウン」、「コロナ」、「カリーナ」などなど、アルファベットで「C」を頭文字に持つ車種名がトヨタ車には多かった。

クラウンと並び、その代表的車種にカローラがある。

そのカローラが11月に発売50周年を迎えるという。

カローラ生誕50年 ブランド復権に向けトヨタが描く青写真とは…開発責任者「12代目カローラはスポーティーで尖った感じを出す!」』(産経新聞より)

カローラといえば、トヨタの代表的な大衆車であり、かつては一番売れた車種でもあった。

しかし、近年のトヨタの大衆車は、プリウスやアクアのようなハイブリットに移行し、新車でカローラに乗る人はずいぶんと減った(と思う)。

私は残念ながら一度も運転したことがないので、論ずるには値しないが、いつも車選びで迷う中で、この車はどうか?という中にカローラがなかったわけではない。

本来なら、フォルクスワーゲンでいえば「ゴルフ」のような位置づけの車だから、もっと正当に進化してもいいクルマだが、残念ながら、技術や走りの先進性はプリウスに持っていかれている。

ある意味、トヨタらしいというか日本車というのは、伝統よりも変化を重視するその象徴のような出来事だ。

フォルクスワーゲンは、車体の剛性アップや高効率のエンジンなど、先進的な技術や走りは、まずゴルフに乗っけてくる。

車のデザインも大きく変えすぎないので、昔からゴルフに乗っている人も安心して乗り続けられる。

トヨタの場合、そうしたことは車種を変えて対応する。

カローラは、さらに、ワゴンをフィルダーとといい、こちらは若者にも一定の支持があるようだが、セダンはアクシオという名前をつけ、そのうちカローラの名前を消すのかと思ったが、そうではないようだ。

コロナという車があったが、途中から「コロナプレミオ」と名乗るようになり、今は単に「プレミオ」だが、そういうことをトヨタはするのだ。

だから、カローラもいずれは車種名が消えると思ったのだが、さすがにそこまではしないのだろう。

上記のリンクの記事の中で、次期12代目は、「スポーティーで尖った感じで」とあるが、このコンセプトをカローラに持ってくるのはどうだろう。

若い世代でもプリウスにバンバン乗るように、別に若者=スポーティーである必要はないし、カローラに求めるものがスポーティーだとも思わない。

さてカローラは復権するのだろうか、ちょっと興味深い。

| | コメント (0)

2016年6月13日 (月)

事故とは何か

金曜日は、午前中に顧問先の方が来所され、当面の経営課題についてのご相談など。

午後は、別の顧問先を訪問して、経理処理についてのご相談など。

---------------------

【事故とは何か】

現代社会でもっとも気をつけなければならないことは、不慮の事故ではないかと思う。

水上バイク・ボートで事故」(産経新聞より)

家族でボートに乗り込み、楽しんでいたところに別の水上バイクが突っ込み、子供2人が亡くなった。

ご家族は悲しみの極みだろう。

いつどこで、誰の身に降りかかるかもしれない不慮の事故。

「事故とは何か?」と問えば、それは「一瞬の出来事」と私は答える。

自動車が追突事故を起こすのを間近で目撃したことがあるが、それは本当に一瞬の出来事だった。

「バン!」という乾いた音が鳴り、「あれっ?」と思った瞬間だった。

その一瞬で、追突された自動車の後部は大きくへしゃげ、追突したクルマの前方は大破した。

そこに死人が出るかでないかは、紙一重だろう。

先日の土曜日、山陰道を使って松江に往復した。

帰宅して間もなく、山陰道が通行止めになったというトリピーメールの情報が入った。

つい先ほど通った道で、バスが追突事故を起こして、3台が絡む事故になったという。

これもまた一瞬の出来事だったろう。

事故が起こるまでに、十分な予兆の時間があるわけではない。

十分に警戒できる予兆があるなら、事故を未然に防ぐための対応や心構えも取れるだろう。

しかし、実際には、ほんの一瞬、気を緩めたところに偶然が重なり、その一瞬で事態が暗転する。

まさに「暗転」なのだ。

その一瞬のために、普段から安全を心掛けないといけない。

それしかないだろうと思う。

| | コメント (0)

2016年5月13日 (金)

三菱、フランス、日産

昨日も朝から鳥取市内の法人へ行き、会計監査の仕事。

途中、抜け出して、環境大学で監査論の講義。

戻って、会計監査の続き。

夕方、事務所に戻って、3月決算法人の税務申告書の作成など。

---------------------

【三菱、フランス、日産】

三菱自動車と日産自動車は、以前か提携関係を強めるなど、経営統合に向かっているかのような動きがあった。

今回の三菱車の燃費不正問題で、三菱自動車の株価が急落し、三菱が一気に“お買い得”となったところで、日産の出資が決まったようだ。

世界3位に肉薄「4強時代」三菱自、日産傘下に』(読売新聞より)

トヨタ、フォルクスワーゲン、GMという巨大グループに次ぐ、ルノー日産三菱グループの誕生ということだ。

もともと規模の小さかった三菱は、こうでもして生き残るしかなかったのだが、日産側がそこまで目論んで不正問題を暴露したのであれば、大したインテリジェンスだ。

三菱グループは、御三家のひとつ、三菱重工がフランスの原発メーカー・アレバを救済に動くなど、フランスとの結びつきがある。

フランスは、先進国の中ではすでに斜陽だが、そこはヨーロッパの宗主国の一つでもあり、いろいろな情報が取れるのだと思う。

そういう意味で、ルノーに支配されている日産の傘下に三菱が入ることは、三菱グループらしい計算が感じられる。

日産の最大の問題点は、ルノーに半数近くの株を持たれていて、苦境にあえぐルノーの“金ずる”になっているところだろう。

フランスにくれてやるなら、三菱に出資してもらった方が、日本にとっては良い話だ。

かつて、日産の苦境のときにはルノーに救済されたが、日産が復活してから現在は、立場が逆転している。

いつか日産の株をルノーが手放すときがくるならば、引き受けるのは三菱グループになるのだろう。

そうなれば、三菱自動車も間接的にではあっても、三菱グループの手に戻ってくる。

そこまでの間、日産にしっかりと再生してもらえばいいだろう。

災い転じて福となす、になるのだろう、きっと。

| | コメント (0)

2016年4月27日 (水)

日本車の燃費

昨日は、事務所で3月決算法人の税務申告書の作成。

夜に社会福祉法人関係の勉強会に出席。

--------------------

【日本車の燃費】

三菱自動車の燃費不正の問題は、相当に深刻で、社長が語ったように企業の存続の問題に発展しそうだ。

カタログに掲載される燃費は、近年、とても重要視されているが、買ってみて、実際に乗ってみて、その通りに行くことはまずないのではないかと思う。

だからといって、「燃費なんて誰も気にしていない」などと、関係者から発言が出るのはもっての他だろう。

『「燃費なんて誰も気にしていない」“三菱グループの天皇”が放言 不正問題への取材で』(ライブドアニュース)

元三菱重工の会長で、今の三菱自動車の社長の父親である相川氏が週刊新潮の取材で「燃費なんて誰も気にしていない」などという趣旨の発言をしたそうだ。

この人、ほんと黙っておいた方がいいと思う。

現役時代も数々の放言で会社の価値を毀損したが、引退してなお、こうした世間を理解しない発言は、矢面に立っている息子さんを貶めるだけだ。

消費者は、カタログを見て、燃費性能も確認して車を買う。

買ってから、「やっぱりカタログの通りの燃費は出ないなぁ」と思うことは、それはある。

だが、それはあくまで計測方法の違いだろうから、という理由で納得していることであって、不正によるものであれば、それはアウトだろう。

しかし、それにしても日本車の燃費性能の表示は本当に当てにならない。

よっぽど有利な条件で計測したのだろうとしか思えないのが、カタログ燃費だ。

以前に乗っていたトヨタのヴァンガードは、カタログ燃費はリッター13.2キロだったが、実際、良いときで12キロ台がやっと。

市内だけをちょこちょこ走っていると、それよりずっと悪化した。

今のスバル・レヴォーグは、カタログ燃費は17.4キロだが、例えば鳥取へ行くときなど、長い距離をゆっくり走る条件のときは、その前後の燃費は出るものの、市内だけを走っているときは、12キロ台が平均だ。

その点、VWのゴルフは違った。

ハイオク仕様だったからというのもあったのかもしれないが、カタログ燃費がたしかリッター15キロほどではなかったかと記憶するが(ゴルフV)、実際、それを超えることもしばしばで、鳥取市へ行くときのような長距離では、18キロ走るのは当たり前だった。

ものの本によると、ドイツ車のカタログ燃費は、実際にもそれくらいが出るという。

私もそうだった(が、後の車種で排気ガスの不正が起きたのは残念なことだった)。

そういう意味では、日本車全体に燃費の不正表示が疑われても仕方がないんじゃないか、と思うほど、日本車の燃費表示は信用できない。

| | コメント (0)

2016年4月21日 (木)

痛い、三菱自動車

昨日は、午前中に顧問先を訪問して、決算に関する打ち合わせなど。

昼を前後して、商工会議所青年部の四役会と理事会に出席。

27年度としては、本当にこれが最後の四役会、理事会となった。

28年度は、慣例に従い、「直前会長」という名誉職(苦笑)につくことになった。

---------------------

【痛い、三菱自動車】

またやっちまった、という感じだ。

三菱自、燃費試験で不正 4車種62万台、生産停止 相川社長が謝罪会見」(産経新聞より)

2000年ごろにはリコール隠しで窮地に追い込まれた経験を持つが、2014年に復配を果たし、ようやく復活してきたかと思われたその矢先に、またこのような不正が発覚した。

前回は不可解な話がいろいろとあって、さすがに天下の三菱グループだけに、陰謀めいたものを感じなくもなかったが、今回も会見文書を読む限り、そうした気配を感じなくはないが、それは置いておく。

とにかく、痛い。

三菱自動車は、1990年代までは、トヨタ、日産、ホンダに次ぐ自動車メーカーとして、GDIエンジンのような希薄燃焼エンジンでは、他社をリードする面も持っていた。

しかし、2000年ごろに発覚したリコール隠しで、なけなしの開発費も十分にねん出できなくなったのか、「i」(アイ)という電気自動車くらいしか、目立った革新性が出せないでいた。

三菱自動車は、他の自動車メーカーと違い、強大な三菱グループをバックに持つので、いわゆる系統販売というか、グループの従業員へ販売する力があり、販売台数を維持している。

JAの系統販売にも三菱車があるなど、とにかくそうした系統への販売力が強い。

でも、その裏返しで、一般の消費者に向けた訴求力にはどこか劣るところがある。

1990年代は、それこそRVRのような、レジャー系でも人気だったし、もちろんパジェロのような四駆も「軍用」を思わせるような強靭さがあって、人気があった。

でも、今はみんなランクルを目指す。

ライトなものが良ければ、スバルのフォレスターが人気だ。

アウトランダーを魅力的にしていって、2014年には復配を果たし、さあこれからというときにこんな事件が起きた。

VWのときもそうだが、事件の背景にどういう意図、動きがあるのかそれははっきりわからないし、わかりかけたとしても、明らかになることはない。

いずれにしても、三菱車にとって痛い事件となりそうだ。

| | コメント (0)

2016年4月11日 (月)

自動車評論

金曜日は、午前中にご来客が1件あり、株式評価についてのご相談など。

午後は、顧問先を2軒訪問して、経理処理についてのご相談など。

---------------------

【自動車評論】

自動車の評論家が、発売されたばかりの新車を褒めちぎることはよくあることなので、常にそこは話半分に聞くことにしている。

自動車がフルモデルチェンジをすると、「前のモデルよりも、ずいぶんと良くなった」と褒めちぎるものだが、じゃあ、前のモデルは相当ひどかったんだな?といえば、実はそうでもない。

前のモデルであっても、十分に乗れるし、快適なものは快適だ。

私はかつてトヨタのヴィッツ(初代)に乗っていたが、今でもヴィッツは初代が優れていると思っている。

コストダウンはトヨタのお家芸だが、現行のヴィッツはデザインから含めてコストダウンの跡が見えてしまう。

ネットを閲覧していたら、メーカーから金を受け取って自動車評論していることを告発するようなサイトに出くわした。

それは、「メーカーから金を受け取ってVWを宣伝 自動車評論家たちの正体」というタイトルで出ていた(リンクは貼りません)。

国内メーカーはともかく、フォルクスワーゲンのような海外のメーカーも日本でこれをやっていたという告発だ。

私はこれのどこまでが違法で、どこまでが合法か、その線引きがよくわからない。

よくわからないが、書店で発売されている雑誌は、少なくともネガティブな情報は無く、新車についてはとにかく褒めているのが普通なので、結局は気になるクルマがあれば自分で試乗して、自分で体感してみるほかない。

上記のサイトでは、すでに亡くなった徳大寺有恒氏を念頭に書いたものだと思う。

徳大寺氏はたしかに「間違いだらけのクルマ選び」の中で、VWのゴルフをべた褒めしていた。

ただ、大きな傾向として、個性のしっかりしたクルマは褒めていたし、どこにでもありそうな凡庸な日本車をけなしていたように思う。

輸入車であっても、フランスのルノーあたりが日本車を意識した凡庸なクルマを出してくると、「フランス人の作った味噌汁のようなもの」、「私はフランス人が作ったフランス料理を食べたい」というような意味を込めた巧みな表現で、これをけなしていたから、巧いと思ったものだ。

自動車評論家は、何がしかそうした便宜を図ってもらうものだ。

そう思っておけば、免疫となって、評論に対する抗体ができる。

結局は自分の体で感じるものが大切なのだろうと思う。

| | コメント (2)

2016年3月 8日 (火)

車体の共通化

昨日は、午前中にご来客が4件。

確定申告に関するご相談や、打ち合わせなど。

午後は顧問先を2軒訪問して、確定申告についてのご報告など。

夕方にご来客が1件あり、確定申告についてのご相談。

----------------------

【車体の共通化】

車づくりにおいて、車体を共通化してコストを下げつつも、その性能を向上させる試みは、フォルクスワーゲンが最初に成功させた。

大衆車を製造するフォルクスワーゲンは、ボディ剛性を上げていくためのコストを吸収するため、車種ごとの車体を共通化させることでコストダウンを図ってきた。

今のゴルフなど、とても優れた走行性能を持っていて、同じ大衆車というカテゴリーにおいては、太刀打ちできるメーカーはない。

それだけに排ガス不正によって、日本でも販売が落ち込んでいるのは痛恨の極みだろう。

日本車では、トヨタがこの仕組みに取組みはじめ、トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)というネーミングで、最近発売されたプリウスはこの仕組みによって作られたものだという。

以前のプリウスと、今、発売されているプリウスはだいぶ違うという評価があるが、TNGAという仕組みの中で欧州車のようにボディ剛性を大幅にアップさせているという。

富士重工(スバル)もこの仕組みに取り組むというニュースがあった。

スバル車も車台共通化 富士重、インプレッサから採用」(朝日新聞より)

ボディ剛性の高さでいえば、大衆車クラスなら日本車ではNo.1だろうと思うスバル車が、こうやって更なる性能のアップに取り組むというから、自動車の進化は止まらないなあという感慨を持つ。

はじめてスバル車にのるようになって、1年以上が過ぎたが、その走行性能の高さには驚いている。

大きくはボディ剛性の高さからくる、人馬一体感なのだが、記事を読む限り、それがさらに高まるというのだから驚きだ。

しかし、一つ苦言を呈しておくならば、スバル車はトランスミッション(変速機)がダメだ。

今はCVTだが、これが低速走行時にスムーズでないため、市街地では今一つ、静かに乗れない。

そのせいもあって、燃費も市街地では優れない。

7速ATの開発をして搭載するか、アイシン(トヨタ系列)から買ってレクサスと同じATを取り付ければ、乗り心地はもっと静かになるだろう。

CVTについては、ホンダ車が優れていると感じる。

昨日はホンダのマーケティングについて苦言を書いたが、エンジンとCVTの組み合わせの技術はとても優れている。

市街地の低速域もスムーズに乗れるのはさすがというところか。

すべてがそろったメーカーというのは、いまだに出ていないというところだろう。

そういう意味では、日本車にもまだ成長の余地があるというところだろうか。

| | コメント (2)

2016年3月 7日 (月)

場当たり的な車づくり

金曜日は、事務所で確定申告作業。

昼に米子商工会議所青年部の委員会に出席。

夕方には、ダラズFMにて金ダラDXの経済コーナーに出演。

---------------------

【場当たり的な車づくり】

クルマは当分買い変えることのない私だが、どんなクルマが受けているのかなど、関心だけはある。

ホンダはシビックを復活させるそうだ。

といっても、アメリカでは作り続けているようで、それを日本にも導入するという。

また、バカでかいシビックが来るのではないかと、余計な心配をする。

ホンダ「シビック」日本で復活へ 落ち込んだ国内販売を米国モデルで巻き返す』(J-CASTニュース)

セダン型というのは、車の定番中の定番だが、広い室内が得られるミニバンやSUVなどに押され、結局、ホンダはシビックを日本で販売しなくなってしまった。

しかし、こういうことをBMWとかベンツはやらない。

あくまでセダンをベースにクルマを正統に進化させ、SUVやワゴンは派生車として作る。

その安定感がブランド価値の増大につながるのだが、日本車はいとも簡単にこうした伝統を捨ててしまう。

トヨタのカローラも、コストダウンをしまくったおかげで、チープな車のイメージがついてしまったのももったいなかった。

無理な販売目標を作って、必要以上に売ろうとするから、売れるクルマだけに特化してしまおうという戦略をとってしまう。

選択と集中を言ったのは、アメリカGEのジャック・ウェルチだったが、伝統を大切にするヨーロッパ人はそういう捨て方はしない。

クルマが単なる商材ではなくて、少しでも文化的な要素を見てとれるようなら、もう一度、シビックならシビックの伝統を作って、それを正統に進化させていってほしいものだ。

ちょっと無理かな。

| | コメント (0)

2016年2月15日 (月)

25年間、愛車に乗り続けること

金曜日は、午前中に確定申告書類の作成。

午後は、顧問先の方が来所され、節税についての打ち合わせ。

その後、別の顧問先を訪問して、決算に関するご報告など。

-------------------

【25年間、愛車に乗り続けること】

女優の伊藤かずえさんといえば、「スクールウォーズ」、「ポニーテールは振り向かない」、「乳姉妹(ちきょうだい)」、などの大映ドラマのど真ん中で活躍した女優さんだ。

最近、その伊藤かずえさんが、愛車のシーマに25年間乗り続けていて、その走行距離も25万キロを超えているというニュースを見てびっくりした。

25年間、同じ車に乗り続けて走行距離25万キロ超!女優・伊藤かずえの覚悟とは・・・」(週プレより)

25年前のシーマというのは、初代のことだそうで、当時、私はまだ高校生だったが、「高級車」というイメージがあった。

確かにあのころはバブルの絶頂期だから、車の内装も贅を尽くした作りで、今の高級車がやたらとコストダウンしていることを考えると、本当にいい車だったのだろう。

それでも25年、25万キロというのはすごい。

決してお金のない人じゃないはずなのに、ましてや派手好きで車をコロコロ変える芸能人が多い中、1台の車を長く乗り続けるそのポリシーには感心する。

私の場合、2台前のVWゴルフに7年で10万キロ乗ったのが最長。

あちこちガタが来はじめていて、あれこれ直すとだいぶ高いなぁと思って、トヨタのヴァンガードに乗り換えたが、メカとしてゴルフよりも後退した感があり、リセールヴァリューの高いうちにと、3年になるところで乗り換えてしまった。

今度こそは、10年乗るぞ!という気持ちでいるのだが、どうも新しい技術が搭載された車が発表されると、そちらが気になってしまう性分だ。

しかし、伊藤かずえさんにならって、なが~く乗って、人馬一体じゃないが、ペダルを踏むだけで今日の車の調子がわかるくらいになりたいと思っている。

| | コメント (8)