« 今のピッチャーの球種 | トップページ | 3連敗 »

2016年10月27日 (木)

将来の職業について

昨日は、午前中に8月決算法人の税務申告書の作成など。

午後は、母校の米子東高校に出かけて、職業紹介の授業を担当。

その後、事務所に戻って、顧問先の方が来所され、決算に関するご報告など。

--------------------

【将来の職業について】

昨日に行った高校生向けの職業紹介の授業は、2年ぶりのことでしたが、私が担当した公認会計士・税理士の仕事に集まった生徒さんは5人(320人中)。

相変わらず少ないなと思いつつ、高校1年生の時点で5人も集まれば、まあいいんじゃないかと私はあくまで前向きに捉えました。

思えば、私が高校時代、周囲に公認会計士を目指そうなどという友人は、一人もいませんでした。

結局のところ、現時点において同期450人の中で卒業後に公認会計士になったのは私一人。

だから、もし、昨日、私の話を聞いて、将来、公認会計士になろうと思った生徒さんがいたとしたら、御の字かもしれません。

この仕事の一番の魅力は、「お金」という媒体を通じて、世の中のあらゆる仕事(業界)に通じることが出来る点だと思います。

資本主義の世の中で、資本、つまり、お金の問題というのはどの業界でも尽きないのが現状で、そうしたお金の問題に専門知識で少しでもお役に立てることができるのが私たちの職業だと思います。

昨日、久しぶりに母校へ行き、1年生の生徒さんと出会って、「自分もだいぶ歳をとったな」と思うことは、彼らのためにできることは何でもしたい、と心底思うようになったことでしょうか。

若い彼らの可能性に心から期待するようになったのは、自分もだんだん先が見えてきたからかもしれません。

彼らには、どんな仕事でもいいので、若いときにしっかり学んで、羽ばたいていってほしいと思います。

|

« 今のピッチャーの球種 | トップページ | 3連敗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今のピッチャーの球種 | トップページ | 3連敗 »