« ホンダNSX | トップページ | わかりづらい相場 »

2016年8月29日 (月)

「捨てられる銀行」

金曜日は、午前中に顧問先を訪問して、当面の経営課題についての討議。

昼から商工会議所青年部の委員会に出席し、その後、別の顧問先を訪問して、決算に関する打ち合わせなど。

夕方には、中海テレビの番組の打ち合わせ。

昨日の日曜日は、中海テレビ「県議熱中討論」の収録。

香港と米子を結ぶ定期便が就航するのを前に、どういう課題があるのかお話いただいた。

--------------------

【「捨てられる銀行」】

巷で話題になっている本、「捨てられる銀行」を読んだ(欄外のリンクをご参照ください)。

金融庁の新しい長官を「型破りのエース」などと称賛し、まるで金融庁の広報のような本だった。

いや、だからこそ読む価値があるのだ。

金融行政について、識者が自分の意見として語ることは、あまり意味がない。

なぜなら、行政ごとというのは、行政の責任者が決めるから、外野からいくらきれいごとを並べても、結局のところ、当の行政の責任者の考えが絶対的に重要だからだ。

それだからこそ、読む価値があるのは金融庁の広報なのだ。

その金融庁の広報が書くには、これからの銀行は地元企業の成長を助けてこそ、存在意義があるという。

今までは、バブル崩壊後、1999年の金融マニュアル制定以降、金融行政は不良債権処理をいかに進めるかが最大のテーマだった。

今、それが十分に落ち着いて、各行の自己資本も充実してきたところで、今度はそれぞれの銀行がいかにリスクをとって中小企業の支援をするか、それが問われるという。

問題は、そうした理念が行政指導によって、全国の地銀にどこまで浸透するかだろう。

理想論としては悪くないが、「餅は餅屋」で、コンサルするというのなら、コンサル業として独立した方がいいと私は思う。

コンサルフィーが取れるようなものでないとコンサルとはいえず、融資をかたにとったポーズのようなコンサルが横行してしまう。

その辺りの議論はあると思うが、とりあえず金融庁はその指導方針を変えた。

そのことが本書からわかる。

それ以上のことはないが、行政ごとというのはそれが重要なのだ。

|

« ホンダNSX | トップページ | わかりづらい相場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホンダNSX | トップページ | わかりづらい相場 »