« オリンピック | トップページ | サムライ 日本の柔道家 »

2016年8月 9日 (火)

生前退位

昨日は、午前中に事務所で諸々の調べものの片づけ。

午後は経済同友会の打ち合わせで外出など。

---------------------

【生前退位】

今朝もリオではメダルラッシュでうれしい限り。

夏バテしそうなほど暑い日が続くが、彼らの頑張りには励まされる気がする。

もちろん、イチローの偉業も。

そんな日本の明るい話題をも隅に追いやる大きな話が、天皇陛下の生前退位の話題だ。

象徴としての天皇の務めが高齢により困難な状況になりうることは、陛下のお言葉ではっきりしたが、それを解決するためには、間違いなく法改正が必要となる。

いろいろな意見がすでに出ているが、私は共産党の志位委員長のコメントがもっともわかりやすく、全体を理解するのに役に立った。

共産党志位和夫委員長 記者会見全文 「憲法は生前退位を禁じていない」』(産経新聞)

志位委員長は、現行憲法のまま生前退位ができるとして、憲法改正の必要性がないことを話しているが、これは反語だろう。

つまり、今回の話は当然に憲法の改正が視野に入ってくる問題であり、皇室典範など、戦後、GHQによって作られた日本の仕組みに、日本人自らの手で手を入れよという、ご示唆ではないかと思う。

つまり、陛下は自らの地位が法律によってがんじがらめになっている現状を一つの象徴として、これを日本人自らの手で変えることによって、戦後を名実ともに終わらせよ、というメッセージではないかと思う。

有識者がコメントを出すなら、誰か、そこまで深読みして解説してほしい。

それはむしろ、共産党が今回の件を憲法改正に手がかかる危機だと認識していることから、逆にわかった。

参議員で改憲勢力の3分の2をとっても、憲法改正にもたもたしている安倍内閣に厳しい注文になると思うが、そういうことをやってのけないと、日本の戦後は終わらないというそんなお気持ちではないかと察する。

|

« オリンピック | トップページ | サムライ 日本の柔道家 »

コメント

流石、お見事、その通り❗️

投稿: ガス屋 | 2016年8月 9日 (火) 12時32分

>ガス屋様

ありがとうございます!

投稿: 伊木 隆司 | 2016年8月 9日 (火) 15時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オリンピック | トップページ | サムライ 日本の柔道家 »