« 生前退位 | トップページ | 夏枯れ相場 »

2016年8月10日 (水)

サムライ 日本の柔道家

昨日は、午前中に顧問先を訪問して、株式評価についての結果報告など。

昼に経済同友会の打ち合わせで外出し、午後は、顧問先の方が来所され、当面の経営課題についてのご相談など。

夕方は、別の顧問先を訪問して、月次決算の結果報告など。

-----------------------

【サムライ 日本の柔道家】

昨日は一日、忙しく、オリンピックのハイライトを見る時間がなかったが、帰宅して9時のNHKニュースで日本人の活躍を見ることができた。

体操男子は、事前の特集でいかに団体で勝つかにこだわってきた様子を見ていたので、どの努力が実った感激はひとしおだろうと思う。

私が驚いたのは、柔道男子の81キロ級で金メダルを取った大野将平選手。

立ち技のキレ味は抜群で、準決勝ではともえ投げの大技も見事に決めてみせた。

あんな豪快な投げ技が、オリンピックの本番のしかも準決勝で決まるとは、その実力やおそるべしだ。

決勝でも見事な一本勝ちを収めたのだが、彼はニコリともせず、礼をして畳を降りるまで黙って表情一つ変えなかった。

彼が試合後のインタビューで語るには、「相手に対する尊敬の念を最後まで持ち続けることができた」と。

こんなサムライがいたのかと驚いた。

日本の強さを示した大野、完成形の新王者」(日経新聞より)

解説してくれている、かつて「女三四郎」と呼ばれた山口香さんも、ともえ投げについては、『「まさか」のともえ投げ。相手の予測や用心を超えていた』と語っている。

五輪の本番で次々に決まる多彩な一本勝ちに、「胸のすく思い」と、まさにその通りだろう。

久しぶりに「強い」日本の柔道家を見た。

|

« 生前退位 | トップページ | 夏枯れ相場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生前退位 | トップページ | 夏枯れ相場 »