« 万年筆 | トップページ | うれしかったこと »

2016年8月 4日 (木)

キーボード

昨日は、午前中に監事を務める法人の理事会に出席。

午後は、事務所でご来客が1件、夕方から研修会で市内のホテルへ。

-------------------------

【キーボード】

デスクトップ型のパソコンを新調したのは、1年以上前のことだった。

付属のキーボードもマウスもワイヤレスだったが、マウスは特に使いづらく、バッファロー製のコードのあるタイプに換えた。

付属の富士通製のマウスは、形状の問題なのか、接触の敏感さの問題なのか、手を置いただけで軽くクリックしてしまうので、常時、人差し指を上げ気味にしないと使えなかった。

加えて、電池が少なくなってくると、やたら効きが悪くなり、すぐに電池交換すればいいのだろうが、連続して使っている分には使えるものだから、そのタイミングも難しかった。

ワイヤレスの利便性より、安定感のあるコード付きのものがいいと思い、バッファロー製のコードのついた旧来タイプを使っているが、これが十分に使いやすい。

先日から、キーボードの電池が少なくなりはじめた。

まだ効かないわけじゃないが、警告ランプが点いたり消えたりで、仕事の集中をそいでくれる。

1年ちょっとで2回目の電池交換になるのだが、この「電池の残量がやや少なくなってきた時期」というのが、ワイヤレスにとって面倒な時期だ。

そこで、先日、思い切って市販のキーボードを買ってみることにした。

ロジクールという、正直、聞いたことはなかったが、「タイピングが静か」とかいろいろいいことが書いてあるので、それを使ってみることにした。

こちらもワイヤレスはもうやめて、コードのあるものにしたのだが、十分使いやすい。

微妙な配列の違い、例えばデリートの位置など、慣れる必要があるが、タイプピングしたときの跳ね返りの感覚もいいし、デザインも落ち着いていて気に入った。

富士通製の純正のキーボードは、デリートのすぐちかくにPC本体の電源ボタンがあり、作業中にデリートと押し間違えて、そこまで入力した分が全部消えた、なんてことが何度かあったが、今回の物はその心配がない。

そもそもキーボード側に電源ボタンがないが、ブラインドタッチで押し間違えることもあるので、キーボード側に電源ボタンは要らないと思う。

マウスを交換することに抵抗がなかったが、キーボードまで交換することは当初、考えていなかった。

しかし、調べてみると、なかなか高価なキーボードもあるようで、今度、買い換える必要性が出たときは、そういうのも考えてみたい。

道具といのはいろいろと奥が深いものだ。

|

« 万年筆 | トップページ | うれしかったこと »

コメント

ご無沙汰しております。
キーボード、マウスは現代の筆記具ともいえるように思いますので、前回の万年筆ネタにもつながってくるように思います。
ですので、しっかりと使い込まれる方にとっては、マウスもキーボードもこだわりがあるようです。
キーボードに関しては、以前から富士通(今回の伊木先生の記事ではよい印象ではないようですが)系のPFUさんが扱うHHK(Happy Hacking Keyboard)が有名です。
http://www.pfu.fujitsu.com/hhkeyboard/
上記サイトに書かれている
「アメリカ西部のカウボーイたちは、馬が死ぬと馬はそこに残していくが、どんなに砂漠を歩こうとも、鞍は自分で担いで往く。
馬は消耗品であり、鞍は自分の体に馴染んだインタフェースだからだ。」
なんてセリフがステキです。
自動車が好きな方でしたら、今はちょっと難しい面もありますが、ステアリングやシートを以前のクルマから買い替えた車に移植するみたいなのも同様の考え方でしょうかね。
さて、本日は月頭の金曜日。
ラジオ収録でしょうか?
なかなか収録の場面にお邪魔することができません。
来月当たり、収録にお邪魔してその後お話でもできたらなぁと思っております。

投稿: 【uz】 | 2016年8月 5日 (金) 05時53分

>【uz】さま

おはようございます。
今日はラジオ収録ですが、境港の鬼太郎祭りのため、水木ロード近くの日の出広場から公開放送になるそうです。
ですので、私もそちらへ行く予定でございます。
来月はたぶんいつも通りではないかと思います。

キーボードについては、私はいろいろ文書を作成したりするものですから、良いものがいいと思っており、かつてはNECの鉄板のような頑丈なノートPCを使ったりしていました。
その流れに富士通もあったのですが、どうもコストダウンの影響でしょうか。今一つだったのです。

上記のサイト、拝見しました。
「無刻印モデル」の「選ばれし物のみが使いこなせる」って、おもしろいですね。
私が購入したものは、日本語のカナは無刻印ですが、さすがにすべて無刻印は無理ですね。
でも、キーボードにこれだけ種類があって、ランクがあるということは、最近になって気付いたことでして、確かにPC本体が変わっても鞍のように引き継いで使えるものだと思います。
勉強になりました。

投稿: 伊木 隆司 | 2016年8月 5日 (金) 08時05分

本日は境港での収録ですか。
いつもとは異なる雰囲気での収録ですね。
よい番組となりますように。
キーボードはプログラマー等の本職の方に熱く支持されているらしいです。

投稿: 【uz】 | 2016年8月 5日 (金) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 万年筆 | トップページ | うれしかったこと »