« 不正事例の研修  | トップページ | 痛い、三菱自動車 »

2016年4月20日 (水)

健康法

昨日は、午前中に顧問先を訪問して、決算に関する打ち合わせなど。

午後は、ご来客が1件と、3月決算法人の税務申告書の作成など。

----------------------

【健康法】

いろいろな健康法があると思うが、その基本は2つに集約されることが、だいたいわかってきた。

一つ目は、ストレスをためないこと。

ストレスは万病の元であり、これをいかに溜めないかが大きなテーマになる。

もう一つは、血行を良くすること。

適度な運動をすることや、風呂などで体を温めることで体内の血行を良くすることで、いろいろな疾患を防げる。

熊本地方を襲った地震により、多くの人々が避難を余儀なくされており、報道によれば、室内では余震が怖いので、車の中で過ごす人も多いという。

そこで、エコノミークラス症候群による疾患で命を落とす人も出てきたようだ。

エコノミー症候群、搬送増える…避難生活長期化」(読売新聞より)

普段通りの生活ができない状況には、きっと制約も多いことだろう。

同じ姿勢を余儀なくされる車の中では、ふくらはぎにできた血栓が、肺や心臓などの重要な血管を塞ぎ、重篤な疾患を引き起こす。

災害時を例にあげるまでもなく、平時であっても、血行を良くすることは、体内の細胞の隅々まで酸素を運ぶので、体の調子を整えてくれる。

「皆生温泉」に事務所を構え、ここで仕事をしていても、日ごろ、温泉につかる機会はとても少ない。

そんな私にとっては、例えば夜の会合にはなるべくバスを使うようにするなど、歩く距離を延ばすことが一つの健康法になっている。

昨晩も会合があったので、家からバス亭まで約10分を歩くなど、日常のちょっとした機会をとらえてなるべく歩く機会を増やすように心がけている。

歩くことは、血行を良くすることと同時にストレスも消えていくような感じもあり、一石二鳥だと思う。

健康法を考えるようなオッサンになったものだと、これを書きながら自覚をしている(苦笑)。

|

« 不正事例の研修  | トップページ | 痛い、三菱自動車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不正事例の研修  | トップページ | 痛い、三菱自動車 »