« 出張あれこれ | トップページ | 理論が真逆 昔の教え方 »

2016年3月 1日 (火)

ネーミングライツ

昨日は、事務所で2月決算法人の税務申告書の作成など。

午前と午後にご来客があり、決算に関するご報告など。

終えてから確定申告作業。

---------------------

【ネーミングライツ】

昨日は帰宅後、なでしこジャパンの対オーストラリア戦のサッカーをテレビで観戦。

1-3でまさかの敗戦。

初戦だからだろうか、それとも年齢のせいだろうか、足が動いていなかった。

体の小さい日本人が、体格の良い選手の揃ったチームにどうやって勝ってきたかを忘れたような大味なサッカーだった。

ところで、昨日の試合はキンチョウスタジアムというところだったのだが、最後までこれがどこにあるのかわからなかった。

テレビでは、「(大阪)」とあったので、まあ、大阪なんだろうというところまではわかったが、大阪の「長居」のことだとわかったのは、スマホで調べてからだった。

私はこのネーミングライツ(命名権)というのが嫌いだ。

「渋谷公会堂」が「CCレモンホール」に変わって残念に思わない人はいないんじゃないかと思うが、ネーミングライツはその場所が醸し出す良い意味での権威と伝統が失われる。

芸術とかスポーツの観戦は、日常の仕事を忘れさせ、活力を生むために必要なものだが、そこでも企業名と出会うと、なんだかまた金の話かとうんざりする。

芸術やスポーツ活動への企業支援は必須のものだが、それはこれまでもスポンサー広告という形でやってきでそれでよかったと思うのがだ、ネーミングライツはやり過ぎだと思う。

こんなところまでアメリカの拝金主義の悪いところをマネしなくても良いと思うし、ヨーロッパではやっていないのではないだろうか。

ウィーン国立歌劇場が、もしも「フォルクスワーゲン歌劇場」とかになったら、うんざりどころではないと思うが、そういうようなことを日本ではやっているということだ。

お金は大事だが、守るべき一線というのは守ってほしいものだ。

|

« 出張あれこれ | トップページ | 理論が真逆 昔の教え方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出張あれこれ | トップページ | 理論が真逆 昔の教え方 »