« やよい | トップページ | 隠れたる名城 米子城 »

2016年1月25日 (月)

-5℃の世界

金曜日は、午前中に顧問先を訪問して、経理処理についての討議。

午後は、子供の参観日で仕事を少し抜けた後、夕方まで公認会計士協会の研修を受講。

----------------------

【-5℃の世界】

この週末は、天気予報の通り、強い寒波に見舞われた。

昨日の米子地方は、最低気温がマイナス5.8℃まで下がり、一日の最高気温もマイナスという真冬日となった。

今朝はとりあえず晴れ間がのぞいているが、20センチほどだろうか、足首が完全に隠れるほどの積雪がある。

今朝の外気温は、マイナス3℃。

軽い雪質が、気温の低いことを物語っている。

昨日の日曜日は、午前中の積雪はそれほどでもなかったが、午後からどんどん雪が降りつもり、あたりは真っ白になった。

午後の4時を過ぎたころだったが、ほんの少し家の前の雪かきをした後、雪道をドライブしたくなり、30分ほど走ってきた。

車外の寒暖計はマイナス5℃を指していた。

車は四駆なので、少々アクセルを踏み込んでもほとんどブレることなく進んでいった。

スタッドレスも昨年買ったばかりなので、スリップする気配もなかったので、思い切りアクセルを踏み込みたい衝動にかられたが、過信は禁物なので、やめておいた。

いつか広い雪原をグイグイ走ってみたいものだ。

しかし、しばらく走って困ったことが起き始めた。

マイナス5℃の中では、フロントガラスで溶けた雪の水滴が、走りながら再び凍ってくるのだ。

ワイパーに付いた水滴も凍るようで、ワイパー自体が効きづらくなった。

リアのガラスも熱線で雪を解かすのだが、どうも溶けた後に再び凍りつき、後方の視界を確保しづらい状況になった。

「不要不急の外出はお控えください」と、米子市だったか呼びかけがあったが、私の場合、まさに「不要不急の外出」であり、ちょっとだけ反省した。

マイナス5℃の世界というのは、そういうことかと身をもって体感した。

今年は暖冬だと言われ、正月はまれに見る晴天だったが、しっかり寒波がやってきた。

これから、事務所の前を雪かきして、今日も仕事をがんばりたい。

|

« やよい | トップページ | 隠れたる名城 米子城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やよい | トップページ | 隠れたる名城 米子城 »