« 村上ファンド | トップページ | 道路問題 »

2015年11月27日 (金)

北の湖

 昨日は、午前中に仕事のご依頼のあったお客様を訪問して、打ち合わせ。

午後は、事務所で9月決算法人の税務申告書の作成。

--------------------

【北の湖】

相撲というものを初めてみたころの横綱は、北の湖だった。

おそらく小学校の低学年のころ、祖父の傍らで相撲中継を見ていた。

北の湖もそろそろ力が衰え始めるころで、千代の富士がこれから全盛時代を迎えようとするころだったと思う。

「北の湖の軌跡」(毎日新聞より)

2代目の若乃花が横綱にいたのも覚えている。

若乃花といえば、初代が有名だが当時はすでに二子山親方であり、私の中での「若乃花」はその二子山部屋から出た横綱、のちに間垣親方となった2代目の印象が残っている。

当時、小学生だった私は力士の中に、自分の名前(=隆司)と同じ漢字を使う力士を見つけて応援していた。

それが隆の里だったが、当時はまだ平幕だった。

平幕時代から応援している力士が横綱まで昇り詰める経験は、相撲ファンの醍醐味だろう。

それを小学生時代に味わうことになった。

隆の里は、大横綱となった千代の富士に相性がよく、しょっちゅう勝っていた。

当時のライバルには、琴風や朝潮がいた。

そんな時代だったが、北の湖は私の中では最初から横綱であり、強いイメージしかなかった。

先の本場所では、白鵬の相撲内容に苦言を呈したばかりだったので、まだまだ健在かと思っていたが、かなり悪かったのだろう。

ご冥福をお祈りします。

|

« 村上ファンド | トップページ | 道路問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 村上ファンド | トップページ | 道路問題 »