« 追加緩和の予測 | トップページ | 地方創生の視点 »

2015年10月 9日 (金)

反省して次へ

昨日は、会計監査の仕事で米子市内の法人を訪問。

-------------------

【反省して次へ】

カープは最後のところで、クライマックスシリーズへの出場を逃したわけだが、投打がかみ合わない状況は、最初から治らなかった。

広島CS逃しは誤審だけじゃない 美酒に酔う相手に競り負け・・・最終戦の緒方采配にも疑問」(ZAKZAKより)

今年は一応、投手陣は優勝を狙えた。

しかし、打線がふるわなかった。

最終戦も前田健太は無失点の好投をしたが、打線は1安打しか打てず。

とにかく、大事な試合でよく負けた。

最後の数試合も、勝たなければいけない試合をよく落とし、最後の試合もそうだった。

緒方監督の采配?

そりゃ、負けたのだから責任はあるだろう。

ただ、そううまく行かないのが世の中なのだろうとも思う。

黒田が復帰して、ナインの士気も上がって、さあ今年は優勝だ、といったところで、敵のチームのマークはきつくなる。

打線は“水もの”だから、相手投手がちょっとがんばって対策をとると、すぐに結果にあらわれる。

それを上回る対策をとって、はじめて年間を通じて強くなる。

しっかり反省して、次へ切り替える姿勢もまた、大切なことなのだろう。

カープの敗戦から、何か人生訓のようなものを感じ取ることができる。

|

« 追加緩和の予測 | トップページ | 地方創生の視点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 追加緩和の予測 | トップページ | 地方創生の視点 »