« クリーンディーゼルの不正 | トップページ | 悲観シナリオ進行中 »

2015年9月29日 (火)

吹石選手

昨日は、午前中に事務所で諸々の調べものの片づけ。

午後は、商工会議所の常議員会に青年部会長としてオブザーバー出席。

終わってから、顧問先を1軒訪問して、経理処理についてのご相談など。

------------------

【吹石選手】

昨日の午後のネットニュースは、俳優の福山雅治と女優の吹石一恵の結婚で持ち切りだった。

中には、ショックで早退する女性社員が全国で続出しているという、嘘のような本当のようなニュースまで流れていた。

吹石一恵は、ユニクロのチラシに出てくるモデルとして知っているが、きれいな人だとは思っていた。

しかし、それ以上に、私は彼女の姿を見るたびに、お父さんの吹石選手(元近鉄バッファローズ)を思い出す。

 

今から30年ほど前だろうか。

まだ小学校の3年生か4年生のころだったと思う。

友達のお父さんに連れて行ってもらい、松江か出雲の球場でプロ野球のオープン戦「近鉄ー西武」の試合を見に行った。

吹石選手は、そのときの近鉄の主力選手だったと思う。

こちらでは聞いたことのない珍しい名前だったので、よく覚えている。

実はそれ以上によく覚えているのが、小川亨選手。

試合前の練習から見ていたのだが、左打ちで独特の構えから打球を飛ばす姿が最も強く印象に残っている。

「なに、あの打ち方!? でも、すげー!」っていう感じだった。

西武の方で覚えているのは、当時、若手でバリバリだった石毛選手。

名前をもじって、「〇〇毛」だとか、「××毛」などとヤジられていた。

ひどいヤジだと思った。

当時は私も野球少年で、プロ野球の選手名鑑を穴が開くほど読んでいた。

吹石選手のことも直接この目でみた選手として覚えいていた。

だから、女優の吹石一恵を見ると「あの娘さんか」と、すぐに思ってしまう。

きれいでスタイルもいいし、お似合いのカップルじゃないかな。

|

« クリーンディーゼルの不正 | トップページ | 悲観シナリオ進行中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリーンディーゼルの不正 | トップページ | 悲観シナリオ進行中 »