« 利上げ見送り | トップページ | 10年乗れるクルマ »

2015年9月24日 (木)

発展する日本

シルバーウィークが終わった。

先週の土曜日に、急用で東京に行かなければならなくなったのだが、シルバーウィーク入りしていてチケットが取れなかった。

行き(上り)はともかく、帰り(下り)は、飛行機、JR,高速バス、すべて満席で、結局、クルマで行くことになった。

金曜日の午後、税理士会の会合があったのだが中座して、一路、東京へ。

途中、吹田の手前で渋滞に巻き込まれ、また都内に入ってまた渋滞だった。

結局、午後2時すぎに出発して、都内のホテルに着いたのが11時半。

休憩もいれて9時間半の行程となった。

土曜日、用事を終えて、午後2時すぎに東名の横浜町田のインターから米子に向けて出発。

いきなり渋滞に巻き込まれ、名古屋の手前でも渋滞に巻き込まれ、家に着いたのが午後11時15分。

2日間で約1400キロほどを走りぬき、さすがに帰宅後は疲れて寝た。

 

東京にクルマで行くのは、13年ぶりになる。

まだ、東京にいたころ、米子と東京を何度かクルマで往復した。

当時は、高速道路も簡単で、中国道から名神、東名と行くだけのことだった。

しかし、今は、名神に入ってすぐに京滋バイパスというのがあって、またその先に新名神というのもあり、名古屋近辺では伊勢湾岸道路というのも経由して、さらに東名には「新東名」なる、実に立派な道路もあって、どれを選択するかで時間も変わってくるのだ。

この10年で、関西を関東をつなぐ道路はずいぶんと良くなった。

「何が失われた10年だ?」って思う。

静かに発展を遂げていたのだ、日本は。

国も発展しているが、自動車の方もずいぶんと進化した。

私のスバル車についているアイサイトという運転支援システムだ

「ぶつからない」が売りだが、それを応用した追従クルーズコントロールは、渋滞の中でその威力を大いに発揮した。

そのことについては、また、改めて書いてみたい。

|

« 利上げ見送り | トップページ | 10年乗れるクルマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 利上げ見送り | トップページ | 10年乗れるクルマ »