« 短期的な株価は予想できない | トップページ | 物議をかもせ »

2015年6月25日 (木)

日本は女の国

昨日は、午前中に5月決算法人の税務申告書の作成など。

午後は、顧問先を2軒訪問して、決算に関する打ち合わせや、当面の経営課題についての討議など。

-----------------

【日本は女の国】

うまく表現できないのだが、基本、日本は女の国なんだと思っている。

日本では、いざとなったとき頼りになるのは女であり、この国の根底を作ってきたのは女であったろうと思う。

なでしこ2大会連続で準々決勝へ・・・8強出そろう」(読売新聞)

大事な試合になると、緊張で硬くなって普段の力が出せない男子と比べると、大切な試合でキチンと結果を出す女子の強さは際立つ。

オランダのような長身選手がずらりとそろった相手でも、決して臆することなく、しっかりと結果を出してくれた。

もちろん、前回の覇者だから、8強で喜ぶのは早い。

しかし、すでに女子の世界のレベルは8強でも紙一重のところがあって、ベスト16はどの試合も僅差の試合ばかりだった。

前回覇者への研究は当然に進んでいて、なでしこも常に勝っても僅差なのは、そのせいもある。

 

日本の家庭は、欧米先進国と比較して、明らかに奥さんが家計を仕切っている家が多いだろう。

そんな統計を調べたわけではないが、男女差別のはっきりしている白人社会とは全然違う。

そんな日本に欧米式の男女平等感を輸入したところで、なかなかしっくりこないのは当然のこと。

向うのウーマンリブズは、差別してきた男への女からの復讐の意味が込められている。

それを、そのまま日本に輸入してうまくいくわけがない。

日本も男子が仕切っていた第二次大戦のころ、うまく行かなかった。

最大の反省は、「男が仕切るな」だろうか。

いや、それくらい日本の女子は優れている(と思う)。

|

« 短期的な株価は予想できない | トップページ | 物議をかもせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短期的な株価は予想できない | トップページ | 物議をかもせ »