« こうして韓国経済を追い詰めていく | トップページ | 論理の大切さ »

2015年3月11日 (水)

復興の難しさ

昨日は、午前中に事務所で確定申告関係の仕事。

午後は鳥取市内へ移動し、顧問先を2軒訪問。

確定申告関係の書類のチェックや相続税についてのご相談など。

--------------------

【復興の難しさ】

4年前のこの日も、うちの事務所は確定申告の作業が大詰めだった。

そこへ来て、信じられない地震と津波のニュース。

東日本に未曾有の被害をもたらした。

その後、膨大な予算もついて、復興もさぞや一気に進めていくものと思われたが、付いた予算の少なからぬ金額が、使われず、基金のままおいてあるという。

当地の経済界の話し合いの中でも、4年が経ったこの段階で東北の復興支援をどうするべきか、話し合ったことが、つい最近あった。

震災当時のように、「義援金を送る」というのも案として上がったが、どうもそういう問題でもなさそうだ。

膨大な予算が付いているのに、それが消化できていないのは、例えば復興の形について、なかなかコンセンサスが取りにくいという話も聞く。

津波が襲った地域に、改めて住宅街やオフィス、工場を整備するという案には、賛成する人と反対する人に分かれるとも聞く。

元通りに戻すことを「復興」と考える人もいれば、二度と津波の被害にあわないように高台に移転することを「復興」と考える人もいるようで、しかし、高台に移転するとなると用地の確保が容易でないという。

義援金が当面の支援としては役に立つとは思う反面、定職を見つけ、生活にリズムが生まれないと、かえって支援から抜けられなくなるとも聞いた。

人間は、社会との接点を持ちながら、自分の役割を認識して、規則正しい生活を送ることで、自律神経が保てるのものだと、改めて実感するが、だとすれば、そうなるまでが復興であり、それはまだ時間がかかりそうだ。

災害当時のこともそうだが、災害が起きた後の復興についても様々な教訓を残してくれている。

自分のこととして考えてみることが、ここにいてできることではないかと思っている。

|

« こうして韓国経済を追い詰めていく | トップページ | 論理の大切さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こうして韓国経済を追い詰めていく | トップページ | 論理の大切さ »