« なぜマックに行かなくなったか | トップページ | 日本の常識と世界の常識 »

2015年2月 9日 (月)

スキーへ

金曜日は、午前中に顧問先の方が来所。

新規事業についてのご相談など。

昼に経済同友会の打ち合わせ。

午後は、公認会計士協会の研修を受講。

その後、4時過ぎにダラズFMへ行き、「金ダラDX」の経済コーナーに出演。

昨日の夕方から降り始めた雪。

今朝は、久しぶりの積雪。

------------------

【スキーへ】

冬場にスキーをして遊んでいたのは、高校生までだった。

最後の滑ったのが、高校3年の冬で、大学、社会人を通じてスキーには行っていない。

2年前、長男が「スキーに行きたい」と言ったので、1度だけ連れて行った。

それが、実に20年ぶりのことだった。

子供はまったく初めてで、しかも幼稚園児だったので、こちらも教えるのに難儀した。

去年は全く行かず、昨日、2年ぶりに長男を連れて大山に上がってきた。

昼前から、吹雪となり、ほとんど“ホワイトアウト”の状態までになったが、その後、吹雪もやや収まり、コンディションは何とか持ってくれた。

子供には、最初、少しだけ歩く練習をさせて、その後は、私が後ろから抱えながら一緒に滑って、スキーの形を教えてやった。

どうやらこれが良かったようで、ほぼ、初心者の長男だったが、午後からはだいぶ自力で滑れるようになった。

子供の呑み込みの速さには驚いたが、最初から滑る感覚を味あわせたのが良かったのかもしれない。

自転車の乗り方を教えるときもそうだが、今、ずいぶんと合理的な教え方がわかってきている。

ネットのおかげで、いろいろと共有できるのだ。

私が子供のころは、ずいぶん苦労してスキーを覚えたように思うが、とりあえず腰を抱えてやって、いっしょに滑らせておくと、覚えるのも早いようだ。

スイスイ滑る感覚というのは、大人でも気持ちのいいもので、ましてや、大自然の白銀の中で滑るスキーの心地よさ。

昨日はほとんど下界が見えなかったが、大山ならではの日本海まで見通せたなら、もっと素晴らしかったろう。

ただし、駐車場からゲレンデまでのアクセスの悪さは基本的に解消されていない。

これはもう限界かもしれない。

帰りの槙原の駐車場までのシャトルバスは、30分に1本だったが、運悪く、ほぼ30分待った。

前の晩に思いついて、朝、ちょちょっと準備して、当たり前のように日帰りで行くわけだから、ある程度の不便は受け入れるしかない。

ぜいたくな不満は言うまい。

スキーも、子供と一緒に行けるなら、出不精の私も考え方を変えたいと思う。

20年以上のブランクを経ても、滑り方だけは覚えいているものだ。

ただし、脚力が衰えている分、ターンは苦しいが・・・。

子供がまた行きたいというのなら、また連れて行こうと思う。

|

« なぜマックに行かなくなったか | トップページ | 日本の常識と世界の常識 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なぜマックに行かなくなったか | トップページ | 日本の常識と世界の常識 »