« 消費税増税延期が選挙のポイント | トップページ | イチロー思考 »

2014年12月 2日 (火)

炭水化物ダイエット

昨日は、会計監査の仕事で米子市内の法人を訪問。

夕方は、顧問先を訪問して、経理処理についてのご相談など。

---------------------

【炭水化物ダイエット】

米やパン、麺類を食べないようにして、糖質の摂取を抑える「炭水化物ダイエット」が周りで流行っている。

書店には、この手の本が並んでいて、ダイエット効果はそれなりにあるようで、成果を上げた人も少なからずいらっしゃる。

まあ、私のような“お米のごはん”が好きな人間にとっては、このダイエット方法は実施不可能で、「食べる喜び」を捨ててまでダイエットしたいとは思わない。

「食べる」ということは、エネルギーの源を補う行為であり、決しておろそかにしてはいけないとさえ思っている。

例えば夕方になって空腹で仕事に身が入らない、なんてこともときどきあるので、なるべく腹持ちのいい「お米」のごはんを昼食に食べるようにしているほどだ。

「成果を出したいビジネスマンは、しっかりごはんを食べるべし」だと思う。

 

ネットで炭水化物ダイエットを検索すると、ダイエット効果よりも、弊害(危険性)の方がたくさん出てくる。

その説の真贋はわからないが、少なくとも日本人は古来から米の飯を食って生きてきたわけで、今さら「糖質が体によくない、太る」などと言われても困るというものだ。

ただし、ダイエットは個人の選択の問題だから、これ以上は書かない。

もっと大きな問題は、米の消費量が減り続けていて、水田が持たないということの方だと思っている。

人口の減少は、それだけで米の消費量を招くが、炭水化物を今はパンや麺類から摂る人も多くなっただけでなく、ダイエットによって米を食べなくなっているとすれば、なんだかもったいない話だ。

もっと米を食べるべきだろう。

それで、水田も減反する面積を少しは食い止められる。

日本人として心掛けたいことの一つにしたいところだ。

|

« 消費税増税延期が選挙のポイント | トップページ | イチロー思考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消費税増税延期が選挙のポイント | トップページ | イチロー思考 »