« ベネッセが教えてくれる現代社会に必要な教育 | トップページ | 読みづらい相場 »

2014年7月22日 (火)

ブログ10年目に思う

金曜日は、午前中にご来客が1件。

新規の仕事のご依頼など。

午後は、事務所で5月決算法人の税務申告書の作成など。

夕方に顧問先を訪問して、当面の経営課題についての話し合い。

--------------------

【ブログ10年目に思う】

ブログを書き始めてもう9年が過ぎて、10年目に入っている。

原則として営業日は毎日書き続けて、まあ、よく続いていると考えるべきか、惰性になっていると考えるべきか、そうした判断はまだしていない。

ブログを書き始めた10年前は、ブログのブームというのがあって、少なからぬ人たちが書き始めていて、とりあえず、そうしたブームに乗ってみようと始めた。

当時、「WEB2.0」などという言葉があり、それまでの一方通行のサイトではなく、発信する側と、情報の受け手とが、いろいろ通じ合えるという点で、ネットの世界も新しい段階に入ったといわれていた。

しかし、実際に「WEB2.0」という双方向性というのは、素人には難しいと、今、思う。

私のブログは、ほとんど一方通行に近いから続けられる。

もしも、情報の受け手の側を想定して書いていたら、こんなに続かない。

テキトーに、誰の顔も思い浮かべず書くから9年続いた。

もちろん、ときどき、私とお会いする方から、「ブログ読んでますよ」と声を掛けられることがあるが、こんな一方通行のブログを読んでくださって、ありがたいやら申し訳ないやら、そんな気持ちが交錯する。

ブログは、概ね、朝の20分で書き上げるようにしているが、前日から内容が思い浮かんだ場合は、前日までにブログの下書き機能にメモを落としておくこともある。

8時半までにアップすることを目標としているが、8時20分を過ぎても今日、書くことが思い浮かばないこともある。

ただ、そういうときに、パッと思い浮かぶかどうかは、自分の頭の柔軟性が試されるときだと思い、そういう境遇をトレーニングに使っている。

こうした習慣づけは、私のように自分で事業をやっている身にとって、「自律神経」を整える意味があると思っていて、それで続けている面がある。

イチローが、バッターボックスに入るとき、バットを構えるまでの一連の動作が定型であるのは、その定型の動作をすることで、集中が高まるからだという。

私のブログもそれに近い。

書いてアップすることで、一日の仕事が始まる。

そういう効用を私は得ながら書いているが、さて、10年経ったらどうしようかということも、これから考えていこうか。

タイトル通り、その辺りも“気まぐれ”で決めさせていただきたいと思っている。

|

« ベネッセが教えてくれる現代社会に必要な教育 | トップページ | 読みづらい相場 »

コメント

なんだか、今回の記事の結びのところが意味深ですね。

山陰サイズさんのように「お休み」なんてことにならないことを、ファンの一人としては思いたいところでありますが、何と言っても「好き勝手」にされるところが、面白いところでもありますのでね。

これからも、読み手のことなど気にされることなく、好き勝手にどうぞ。

投稿: 【uz】 | 2014年7月22日 (火) 23時06分

>【uz】さま

いつも読んでくださいまして、ありがとうございます。
負担にならない程度に続けていければと思っております。
これからもよろしくお願いします。

投稿: 伊木 隆司 | 2014年7月23日 (水) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベネッセが教えてくれる現代社会に必要な教育 | トップページ | 読みづらい相場 »