« 脱グローバル化 | トップページ | 資本主義の終焉と歴史の危機 »

2014年7月25日 (金)

「スマホで魂が抜かれる」!?

昨日も県の監査委員の仕事で、県西部の機関を訪問。

------------------

【「スマホで魂が抜けれる」!?】

「スマホは電話もできるパソコン」というが、スマホを使うようになってから、空いた時間を有効に使えるようになった。

特にメールのチェックは、出張先でも確認が簡単になり、重宝している。

私の場合は、ガラケーとスマホの二台持ちだから、うっかりガラケーの方を確認するのを忘れて、不在着信がたまっていることもあるので、本当は一台で済ませたいところだが、当面はこの組み合わせて行こうと思っている。

スマホを使うようになってから、LINEも使うようになった。

携帯のメールよりも便利が良くて、無料電話もなかなかイケるので、コミニケーションツールとしてLINEが人気を博すのは当然だろうとも思う。

特に若い世代では、ほとんどがLINEを使って連絡を取り合っているようで、それに応じて様々なトラブルが起きているのもニュースで聞く。

しかし、そうした問題も、まだ十分に対策が取られていない。

先生が「スマホで魂が抜かれる」』(読売オンラインより

最前線で子供たちの問題にあたっている学校の先生たちも、LINEの問題をまだ十分に把握しきれていない。

自ら使うことに抵抗があるようだ。

そういえば、私の周りでも、スマホを使いながらもLINEを登録していない人が、意外といる。

私は、こうしたツールは取り合えず使った方がいいと思っている。

立場にもよるだろうが、世の中の変化を肌で知るには、まず使ってみて、その便利さや危険度も体感してみることが必要だろう。

私がまだ学生のころ、私の師匠がパソコンを使うため、通勤途中に独学でパソコンの本を読んで勉強していたのを思い出す。

70歳を前にしてなお、新しいツールを使おうとする姿には感銘を受けた。

その後、使いこなしているという話は聞かなかったが・・・。

LINEを使ってみて、これは確かに便利だが、送り手の意図がうまく伝わるとは限らないし、すぐに読まれないこともある。

その、「すぐに読まれないこと」や「返信がないこと」をもって、子供たちの間ではトラブルが起きるようだ。

わからないでもないが、大人なら、すぐに伝えたいことは、別のツールを使って、それこそ電話に切り替えて連絡を取るなど、代替がきくが、どうも子供たちはそれができないらしい。

そういうことも使ってわかることであって、こうしたツールはまず使ってみて、その便利さも不便さも体感してみることが必要なのだと思う。

もちろん、どんな時代であっても、コミュニケーションというのは簡単じゃないし、工夫がいるものだと思っておきたい。

|

« 脱グローバル化 | トップページ | 資本主義の終焉と歴史の危機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脱グローバル化 | トップページ | 資本主義の終焉と歴史の危機 »