« スマホ規制 | トップページ | 配偶者控除 »

2014年4月21日 (月)

当世クルマ事情

金曜日は、午前中に3月決算法人の税務申告書の作成など。

午後は、顧問先を訪問して、決算に関する報告など。

--------------------

【当世クルマ事情】

以前、日経オンラインの記事で、小学生の子供を持つ親たちのクルマ事情が書かれていた。

そこには、圧倒的人気を誇るのが、ノア、セレナ、ステップワゴンなどのミニバンなのだと書かれていた。

そして、中にアルファードやエルグランドに乗っている親は、「ちょっとお金のあるおうちなんだな」という目で見られるのだそうだ。

果たして昨日、子供のサッカーの試合で、私ははじめてクルマ当番になり、そうした当世のクルマ事情を目の当たりにしてきた。

昨日は、貴布祢神社の奉納試合で、市内の小学校に3チームが集まり、サッカーだけでなくバレーボールも奉納試合だったので、小学校の駐車場は入りきれないほど満車だった。

それにしても、まあ、ミニバン人気の高いこと。

一番人気はノア(ヴォクシー含む)で間違いないだろう。

セレナ、エスティマ、ステップワゴンがそれに続く。

そして、ときどきアルファードとかが、じゃーんと登場する。

日経オンラインの記事に書かれていた通りだった。

子供たちも、どうやら「たくさん乗れる」というのが自慢のようで、うちの息子なんか、勝手に「6人乗れる!」とかコーチに言ったらしく、「いやいや4人しか乗れませんので」と、私が訂正する始末だった。

私のようなSUV系は、ほとんどなかったと言っていい。

昔だったら、スポーツカーに憧れる子供が多かったことだろうし、どこの家庭でもセダンが普通であり、ミニバンみたいなタイプのクルマだと、「どこかの業者さん?」みたいな雰囲気だったろう。

しかし、今や小学校の駐車場には、スポーツカーなど皆無であり、ミニバンのオンパレードだった。

私は、次に買い換えるときは、普通の車高のクルマがいいと思っている。

スバルのレヴォーグとか、マヅダのアクセラのように、速くてクイクイコーナーを曲がれるクルマが気になるのだ。

しかし、子供がスポーツ少年団やっている以上は、やっぱりノアとか買わなきゃいけないだろうか。

正直、この手のクルマは自分で運転する分には好きではない(後ろに乗っている分には良いのだが)。

当世のクルマ事情について、良い勉強になった週末だった。

|

« スマホ規制 | トップページ | 配偶者控除 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スマホ規制 | トップページ | 配偶者控除 »