« アンネの日記 | トップページ | 世界情勢と株価 »

2014年3月 3日 (月)

軍師官兵衛

金曜日は、午前中に顧問先を訪問。

当面の経営課題についての討議や、決算についての打ち合わせなど。

午後は、事務所で確定申告関係の書類の作成など。

----------------------

【軍師官兵衛】

NHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」が面白い。

久しぶりに面白い大河になっていると思う。

しかし、私の周りの女性陣に聞くと、「いまいち」という評価も少なくない。

“軍師もの”だから、男と女で好みはいろいろだ。

「軍師」というタイトルが付くことからわかるとおり、戦国時代をいかに渡りきったかを描いた男の物語だから、私はおもしろいのだと思う。

近年は、篤姫だとか、ごう姫だとか、「女性の時代」を意識した作り話のすぎたドラマが多く、まったく見なかった。

人の好みはいろいろだから何とも言えないが、どうしても「女の時代」を意識して、過度に女の役割を強く描いてしまうのが、いかにも嘘っぽくてつまらなかった。

平清盛も、配役の問題だろうか、全然おもしろさを感じなかったので、これもほとんど見なかった。

軍師官兵衛の主役の岡田准一は、映画「SP」で知った。

去年は永遠のゼロにも主役で出ていて、ジャニーズらしくないしぶい演技をする俳優だ。

信長に江口洋介。

秀吉に竹中直人。

いずれも、主役を張れる俳優が、脇役を飾っていて、特に江口洋介の信長はハマり役だ。

ドラマの中に、孫子の兵法の言葉がよく出てくるのも、このドラマの良いところ。

「兵は詭道なり」だとか、「戦わずして勝つ」など、戦略の基本がドラマの中に出てくるところが、やはり「軍師」を描いたドラマならではだろう。

「戦国時代」、「男の物語」というのが、歴史物の“鉄板ネタ”だろうと思う。

これから先、まだまだ大河で楽しめそうだ。

|

« アンネの日記 | トップページ | 世界情勢と株価 »

コメント

「軍師官兵衛」面白いですよね。主役ではなくスーパーNO.2にスポットが当たるというのは良いです。官兵衛の生き様が好きなというか共感できる日本人は多いのではないでしょうか。
この後に展開される半兵衛や秀吉とのエピソードが楽しみです。これが面白いんですがね。
でもウチの奥さんには人気がないんですよ。面白さが分からないんですよね。
やっぱり「篤姫」の方が面白かったって言ってますね。
大河で竹中直人の秀吉は二度目ですよね。前回は主役でしたね。
あと、岡田准一がどうしても井上薫に見えてしまいますが(笑)。

投稿: もうすぐ事務所移転する税理士K | 2014年3月 3日 (月) 12時55分

>もうすぐ事務所移転する税理士Kさん

官兵衛は秀吉に気に入られて、この後、本能寺の変と中国大返しという展開のあたりが、前半のクライマックスですかね。
官兵衛の軍師ぶりが多いに発揮されるところに期待してます。

うちの奥さんと同じこといってますね(笑)。
篤姫はまだマシですが、「江姫」とかになると、私はもう、完全にダメでしたね。

岡田准一は、真田広之に見えるんですよね。
ちょっと主役級に囲まれて、やや地味な感はありますね。

投稿: 伊木 隆司 | 2014年3月 4日 (火) 08時39分

中国大返しを最初に進言したのも有名ですが、私が好きなエピソードは、官兵衛が寝返った荒木村重を説得に行くも逆に幽閉されてしまい、人質として信長に差し出していた子供(長政)が処刑されることになった時に半兵衛が機転を利かせて長政を助けた。その後、官兵衛が助け出されて、そのことを知って半兵衛に感謝して竹中家の家紋の一部を取り入れたっていうところです。

投稿: 税理士K | 2014年3月 4日 (火) 22時37分

>税理士Kさん

なるほど。
半兵衛には、いろいろと助けられているんですね。
どう演出されるのか、楽しみです。

投稿: 伊木 隆司 | 2014年3月 5日 (水) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンネの日記 | トップページ | 世界情勢と株価 »