« 政治とカネと陰謀と | トップページ | 経済の転換期 »

2013年12月12日 (木)

スマホと携帯電話

昨日は、午前中に顧問先を訪問。

決算に関するご相談など。

午後は、ご来客が1軒。

贈与などについてのご相談。

その後は、10月決算法人の税務申告書の作成など。

--------------------

【スマホと携帯電話】

思えば、約1年前、ふらっと立ち寄った電気屋さんで、手にとったiPad miniを見て、「(いいな)」と思い、衝動買いすべく、注文した。

「入荷までだいたい1か月かかります」と、ソフトバンクのスタッフに言われ、紙切れに名前と連絡先を書いて、注文をした。

今にして思えば、何であんな紙のきれっぱしに名前を書かされたのだろかと思うのだが、その後、そのソフトバンクから連絡が来ることもなく、私も衝動買いの“熱”が冷めたので、放っておいた。

その後もずっと携帯電話(ガラケー)だけがモバイルツールだった私だが、先月、ようやくスマホを買った。

ただし、ガラケーと二台持ち。

ドコモは、二台目として購入すると、スマホ1台の場合より、トータルで維持費が安くなるケースが出てくる。

ちょっと面倒くさいとは思ったが、ずっと使用してきたガラケーを手放すのは惜しい気がして、維持費が安くなる二台持ちを選択した。

スマホの機種は、(愛国者だけに(笑))富士通のアローズにしたが、バッテリーが充実してきて、3日程度なら十分に持つ。

かつての富士通のスマホは、いきなりシャットダウンするなど、トラブルも多かったようだが、一つ前のモデルから、そうしたトラブルは急減したようで、この度の新作も、今のところノートラブルだ。

入力方法についても、指を使った手書き入力が、ことのほか便利だし、5インチの画面サイズは、従来のスマホよりも大きめで、見やすく、液晶表示も美しい。

ここまでくれば、「道具」として合格ではないだろうか。

なにより、使いやすく、バッテリーの持ちが長いガラケーがあるので、仮にトラブルがあっても安心できる。

ガラケー人気、細く長く 電池長持ち 操作簡単」(読売オンラインより

記事にあるとおり、ガラケーは、確かに軽いし、電池は長持ちで、ボタンがあるので操作が楽なのは間違いない。

ただ、私が購入した富士通のスマホは、入力もかなり楽になっているので、1年前のスマホからはかなり進化しているものと思う。

また、「ガラケーは、電話」、「スマホは、パソコン」と考えれば、その役割分担には、一定の合理性があると思っている。

「2台持つ」ということに、面倒臭さは、確かにあるが、トータルで見て合理的な選択ではなかったかと思っている。

1年前、衝動買いしようとした私に、商品到着の連絡をくれなかったソフトバンクのショップには、今では感謝すらしている。

その後、いろいろ考えて、今のかっこうに落ち着いた。

先駆者のアップルはすごいと思うけど、日本製もだいぶ追いついた(あるいは、追い越した?)のではないだろうか。

結果的に、よい選択ができたと思う。

|

« 政治とカネと陰謀と | トップページ | 経済の転換期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 政治とカネと陰謀と | トップページ | 経済の転換期 »