« パナ スマホ撤退へ | トップページ | 竜巻 »

2013年9月 2日 (月)

初秋 、消費税

金曜日は、事務所で諸々の調査事案の片づけなど。

夕方、松江市内の顧問先を訪問。

---------------------

【初秋】

よく雨の降った週末だった。

秋雨前線が南下して、気温も涼しかった。

昨日は最高気温が23度だったそうだが、ここまでくると、肌寒いほど。

今朝も、しとしとと雨が降り続いている。

昨日から9月だ。

このまま涼しくなってくれるといい。

----------------------

【消費税増税 読売が延期を主張】

「財政健全化のため」だとか、「社会保障充実のため」だとか、もっともらしい理由で増税すべきと締めくくられた有識者たちの意見。

消費税増税は、一般財源に充てられるのだから、いくら「社会保障のために使う」と言っても、ほかの財源と混ぜられていては、そんなの確認のしようがない。

しかも、毎年、税収は変わる。

だから、議論は単純に「増税、是か非か」で良いのだ。

そんな中、読売新聞社は、8月31日の社説で「来春の8%を見送り、2015年に10%上げるべきだ」という主張を展開している。

「来春の8%は見送るべきだ」(8月31日付読売社説)

「新聞に軽減税率を」とあるが、ここが言いたかったのだろう。

出来る限り、幅広く、軽減税率が導入された方が、消費者にとっては得だ。

新聞だけでなくて、書籍も軽減税率にしてほしいし、食料品は全般に軽減すべきだ。

そういう細かい議論が、「有識者会合」でなされていない。

「社会保障の充実のためなら仕方ない」などと言ってしまう程度の有識者じゃ、財務省からしたら、赤子の手をひねるようなものだろう。

安倍さんの判断に注目がいく。

|

« パナ スマホ撤退へ | トップページ | 竜巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パナ スマホ撤退へ | トップページ | 竜巻 »