« 短期的なリスク | トップページ | アップル対日本勢 »

2013年9月11日 (水)

スマホ戦争

昨日は、午前中にご来客が一件。

不動産活用に関するご相談など。

昼から経済同友会の総務委員会に出席。

夕方、顧問先の歯医者さんに行き、歯の掃除をして、その後、資料の受け渡しなど。

-------------------

【スマホ戦争】

これまでスマートホン市場では、アップルのiPhoneが強かった。

ソフトバンクがこれをテコにシェアの伸ばし、たまらずauもこれを導入。

そして、ついにドコモもiPhoneを採用することになった。

この9月に発売されるiPhoneだが、ここまでずっとドコモ一筋、ガラケー一筋の私にとっても、検討材料が一つ増えたことになる。

Apple 「iPhone5s」を発表」(ITニュースより

iPhoneの特徴は、その使いやすさにあると見ている。

感覚的な使いやすさはアップル社の強みであり、iPhoneがシェアを伸ばしたのも、そうした点が口コミで評価されたところが大きいだろう。

それは、「バッテリーの持ちが悪い」、「シャットダウンしてしまう」などの、スペックの低さやトラブルがあることを乗り越えて、iPhone支持者をつなぎとめてきたのだと思う。

しかし、ここへ来て、ようやく日本勢もその実力を発揮してきたように思える。

その筆頭がソニーだろう。

この秋から冬にかけて発売する新機種は、相当なスペックの高さを誇る。

Xperia Z1

現在発売されている機種も、かなりの人気のようで、トラブルも減っているように見受けられる。

iPhoneの一人勝ちも、そろそろ終りになるのではないだろうか。

いよいよ私も、どれを選んで良いのか、よくわからなくなってきた(笑)。

 

経営学の教科書に、かつて「電卓戦争」というのがあったという話が載っていた。

今となっては、電卓なんて、どうってことない道具にすぎないが、電卓戦争のころは、家電メーカーが最新機種の開発にしのぎを削り、そこで生き残ったのが、シャープやカシオだったという。

あと5年や10年もすれば、スマホもどうなっているかわらかない。

そんな時代だ。

「スマホ戦争があった」なんて話が、10年後くらいの経営学の教科書に載るのだろうか。

|

« 短期的なリスク | トップページ | アップル対日本勢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短期的なリスク | トップページ | アップル対日本勢 »