« 終戦のエンペラー | トップページ | 成功は失敗のもと ~経営者は難しい »

2013年8月12日 (月)

炎天下でサッカー

金曜日は、県の監査委員の仕事で鳥取県庁へ。

--------------------

【夏季休業のお知らせ】

明日から三日間(13、14、15日)は、お盆のため夏季休業といたします。

16日から通常営業に戻ります。

ご了承ください。

--------------------

【炎天下でサッカー】

小一の長男がスポ小のサッカー部に入ることになった。

同級生の友達が入っているとのことで、「自分もやる」ということになった。

つい先日、入部届を提出したばかりの最初の週末。

いきなりやってきた行事が、「親子サッカー」だった。

まさか、この炎天下で・・・!?

この歳になれば、

①運動不足の状態で

②炎天下で

③サッカーをやれば

どうなるかはわかるというものだ。

①×②×③=倒れる、だ。

それでも仕方がないとあきらめて、昨日、朝9時に息子と小学校のグランドに出かけた。

昨日も午前中からぐんぐん気温が上がり、焼きつけるような日差しがグランドに降り注いでいた。

それにしても、子供たちはタフだ。

運動量が違う。

オヤジチームは、運動量は無いが、要所を抑えたディフェンスで最小失点で切り抜ける。

私は、右サイドバックにポジションを取り、できる限り運動量をセーブして、暑さをしのいだ。

サイドバックといっても、現代サッカーのように、サイドを駆け上がる、なんてことはしない。

ひたすら右サイドに流れてきた相手の攻撃に対処するだけだ。

油断したのはスローインだった。

スローインくらい、きっちりやってやろうと思って、(ファールスローに気を付けて)グッと、遠くにボールを放ったら、両方の脇腹に痛みが走った。

サッカーだから、足のどこかを痛めるのは覚悟していたが、まさか脇腹を痛めるとは思わなかった。

大事には至らなかったが、運動不足は思わぬところに出るものだ。

3時間の間に、休憩をとりながら、5試合くらいこなしただろうか。

気温はぐんぐん上昇していたが、何とか乗り切った。

息子はもちろん、はじめてのゲームだったので、ボールはあまり触れなかったが、よく走っていた。

楽しんでやってくれれば、それでいいと思っている。

私もゲームを楽しめた。

「ちょっとは運動しておかなきゃ」という、動機づけには多少なった(と、思う)。

|

« 終戦のエンペラー | トップページ | 成功は失敗のもと ~経営者は難しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 終戦のエンペラー | トップページ | 成功は失敗のもと ~経営者は難しい »