« メタンハイドレート | トップページ | TPP 日本の戦術 »

2013年3月14日 (木)

心に余裕を

昨日は、午前中に確定申告の仕事。

昼前から商工会議所青年部の理事会に出席。

事務所に戻って、確定申告の仕事の続き。

夕方からは1月決算法人の税務申告書の作成。

--------------------

【心に余裕を】

常に心に余裕を持っておきたいというのは、自分の中にある正直な気持ちです。

焦っているときの判断は、往々にして間違うもので、自分を客観視できていなかったことが後なってわかるというのもよくある話です。

確定申告の時期も今日であと2日となり、我が事務所では、だいたい昨日の夕方までにすべてのお客様のメドが付いたところです。

こうした時期にも、ブログで株の話やメタンハイドレートの話など、仕事に直接関係ない話題を書けているのは、まだ心に余裕がある証拠だと自分を分析しているところです。

人間、本当に余裕がなくなったら、こうして毎日、のんきにブログなど書いていられなくなるものです。

それを逆に応用して、余裕のないときほど、あえてホッと一息つきながら、ブログを書いてみるというのも、心への効用として多少の効き目があるようです。

ツイッターやフェイスブックは、一応、自分のアカウントを開設してはいるものの、今のところまったく投稿していません。

書いている内容が、どうしても「特定の誰か」に対するものではなく、「その話題に興味のある人」に対するものになっているというのもあると思います。

例えば、昨日のようなメタンハイドレートの記事は、普段、おつきあいのある友人に向けての記事ではなく、私のことを知らなくても、メタンハイドレートについて興味のある人に読んでもらえればいいと思うからです。

フィエスブックだと、どうしても地元の話題や食べ物の話題じゃないと、“友達”たちには受けないところがあって、難しいところがあります。

もう一つ、ブログは、特定の話題について、短時間で文章をまとめる訓練になっているという効用があります。

その点、ツイッターでは短すぎて、連続で投稿している人(橋下市長とか)がいますが、読みづらくてしょうがない。

ブログで1ページにまとめるか、メルマガにでもすればいいと思いますが、どうでしょう。

 

と、まあ、確定申告があと2日となった時点で、こんなことを書ける余裕ができたということだと、今日の記事は受け止めていただければと思います。

|

« メタンハイドレート | トップページ | TPP 日本の戦術 »

コメント

楽しいから笑うのではなく
笑うから楽しくなる
悲しいから泣くのではなく
泣くから悲しくなる

行動・言動を変えることで
自分自身が自然と変わる
人間ってそんなものだ

投稿: 会社員 | 2013年3月14日 (木) 21時26分

>会社員さま

確かに考え方を変えようと思ってもなかなか難しく、そういうときは行動を変えると良いとはいいますね。

「痩せよう」と思っても難しく、とりあえず「走ろう」と思って行動することが大切だというのも同じですね。

投稿: 伊木 隆司 | 2013年3月15日 (金) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メタンハイドレート | トップページ | TPP 日本の戦術 »