« 本田に学ぶ | トップページ | 時代の転換? 日本の逆襲 »

2013年3月27日 (水)

最近の若者は・・・

昨日は、会計監査の仕事で朝から鳥取市内の法人へ。

夜、事務所に戻って1月決算法人の税務申告書の作成。

------------------

【最近の若者は・・・】

昨日のヨルダン戦、前半を30分ほど見て、余裕の戦いぶりに安心して、寝ることにした。

今朝、起きたら負けていたので、ちょっとびっくりしたが、どうということはない。

楽しみをちょっとお預けにしてくれただけのこと。

あんまり早く決めてしまうと、盛り上がりにくいし、いろいろな修正点を見出すためにも悪くない敗戦だと思う。

 

ちょっと前に気が付いたことなのだが、サッカー日本代表のメンバーの多くが、海外のチームに所属している。

イングランド、イタリア、オランダ、ドイツなどなど、レベルの高いリーグで活躍する選手がキラ星のごとく、輝いている。

中でも香川真司は、マンチェスターユナイテッド(マンU)という、世界最高峰のリーグの中の最高のチームのトップ下のポジションで活躍している。(中心の中の中心だ)

そして、先般は公式戦でハットトリックを決めた。

ひと昔前なら、日本人にとってあり得ない活躍ぶりだ。

つい最近まで、アジア予選では結構、ぎりぎりのところで出場を決めるなどしていたが、今回は昨日の敗戦でもなおダントツの一位だ。

まったくもって最近の若者はすごい。

戦いぶりも堂々としているのは、彼らが積んできた海外での経験のおかげだろう。

「最近の若者は・・・」というと、つい、けなしてしまうのがオヤジの常だが、私は日本の若者は本当によく世界の動きに順応し、しっかり対応して日本の実力を高めていると思う。

ちなみに最近の学生はとても真面目で、大学などの講義もほとんどサボらない学生が増えていると聞いたが、英語などの語学も昔の学生よりよく勉強している。

もちろん、まったく逆の学生もいるだろう。

格差は確かにあるけれども、悪い部分だけを取り上げて「最近の若者は・・・」などと言ってはいけない。

私は中田英寿がどうしても好きになれなかったが、香川にしても、本田にしても、とても謙虚ですばらしい若者だ。

こういう若者がどんどん増えれば、日本の将来は安泰だと思う。

|

« 本田に学ぶ | トップページ | 時代の転換? 日本の逆襲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本田に学ぶ | トップページ | 時代の転換? 日本の逆襲 »