« 強い相場 アベノミクスへの対応法 | トップページ | アベノミクスへの不安 »

2013年2月 4日 (月)

Uさんのこと

金曜日は、午前中にご来客が2軒。

午後は、顧問先を訪問と、外出案件が1軒。

--------------------

【Uさんのこと】

先週の火曜日のことだった。

県の監査委員の仕事を終え、、一路、米子へ戻っていたところ、珍しく監査法人時代の先輩から連絡が入った。

「(珍しい方からだな)」と思って電話に出た。

「久しぶりだね」なんて話しかけられたあと、「実は・・・、」と、そこで告げられたのは、なんと私の直属の上司だったUさんの訃報だった。

まだ52歳。

あまりに早い死に、言葉を失った。

私が監査法人に入所して配属されたチームの主査で、5年間の在籍中、私がもっとも同じ時間を過ごした上司だった。

私たちのチームは、年間100日以上の出張をこなす、いわゆる“出張族”だったが、その大半の出張を、私はこの上司とともにこなしてきた。

仕事のイロハを教わり、監査法人時代の仕事の思い出には常にこの上司が含まれている。

上司はヘビースモーカーだった。

あるクライアントの担当者の方が、「U先生はチェーンスモーカーですね」と言ったのを覚えている。

初めて聞く言葉だったが、たしかに、たばこの火を消したかと思うと、もうその手に次のたばこが準備されていたりした。

なるほどこれをチェーンスモーカーというのかと、そのとき思った。

私たちのチームのボスが、この上司の健康を気遣って、「タバコはやめなさい」と何度か注意されているのを見たことがあった。

タバコとビールをこよなく愛した上司だった。

ストレスの多い職場で、タバコの本数も増えていたのかもしれない。

肺がんという死因を聞いたとき、得も言われぬ残念な気持ちに囚われた。

当時、私たちの監査チームには、巨大なクライアントを監査するために組織されたT先生をボスとする鍛え抜かれた先輩たちがたくさんいた。

そのチームに私も入所と同時に入れられて、周囲からはその仕事の激しさに気の毒がられたほどだった。

しかし、短期間で激しく仕事をさせてもらったおかげで、同期の誰よりもたくさんの実務経験を積ませてもらった。

このことが、私にとってどんなにか財産となっていることは論をまたないが、このチームの中心にいたのがT先生の一番弟子であり、亡くなったUさんだった。

仕事もよくしたが、夜の接待も激しかった。

4泊5日で地方の工場に出張し、その4日間、すべてに接待が(2次会まで)あり、私とその上司の二人で連日連夜、応じたこともあった。

タフな人だと思ったけど、私も鍛えられた。

アルコールの弱かった私が、にわかにビールが少し飲めるようになると、「だんだん飲めるようになってきたな」と喜んでくれた。

その上司が亡くなった。

人生のはかなさを痛感する。

ここ数年は、直接会う機会がなかった。

感謝の一言を改めて言いたいと思ったが、それが遺影に向かってであったことは残念だった。

土曜日は、私も上京して、葬儀に出席した。

葬儀に出るまでは、正直言って半信半疑だった。

あの人が亡くなるということがあり得るのだろうか、と。

あの淡々と仕事をこなすUさんが・・・、という気持ちが今もぬぐえない。

葬儀には、懐かしい先輩や後輩たちの顔がたくさんあった。

当時、お世話になったクライアントの方々の顔も見えた。

こうした人たちとは、まずお会いする機会がない今の私だが、亡くなった上司が皆を引き合わせてくれたと思った。

不思議なもので、こうした人たちの顔を見るだけで、お名前や肩書とともに、当時の記憶が次から次へとよみがえってきた。

クライアントの方々の当時の肩書や、その当時にどんな話を交わしたかなど、長らく思い出したこともない記憶だったが、20代のもっともフレッシュなときの記憶は、今もしっかり脳裡に刻まれているのだと気付かされた。

亡くなったUさんには、こうした人たちとの交流を通じて、たくさん鍛えていただいた。

心から感謝しつつ、ご冥福をお祈りします。

|

« 強い相場 アベノミクスへの対応法 | トップページ | アベノミクスへの不安 »

コメント

興です。私は今回の記事を読んで、かつて りそな銀行を担当していた会計士が自殺した事件を思い出しました。確か税効果による繰延税金資産の計上が否認されたことで、りそな銀行に2兆円の公的資金が注入されて実質国有化されたと思いますが、会計士さんの仕事も時として物凄い重圧ですよね。大変な仕事だと思います。そういう仕事をこなすのも、物凄い能力だと思いますよ。

投稿: 興 | 2013年2月 5日 (火) 12時09分

>興さま

おっしゃる通り、時として重要な場面に出くわします。
ただ、会計士が目立つときというのは、いつも不祥事がらみなのが職業的な宿命です。
何事もなくて普通ですから。

もちろん、今回の件は、特別に難しい話があったわけではないです。念のため。

投稿: 伊木 隆司 | 2013年2月 5日 (火) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 強い相場 アベノミクスへの対応法 | トップページ | アベノミクスへの不安 »