« 日本企業のすごさ | トップページ | インフレ予測 »

2013年1月18日 (金)

スマホ、そしてタブレット

昨日は、午前中に鳥取県庁へ行き、県の監査委員の仕事。

午後は、米子へ戻り、事務所で諸々の仕事の片づけをして、夕方の便で東京へ出張。

今朝は、都内のホテルから。

-------------------

【スマホ、そしてタブレット】

都内の電車の中は、やはりスマホをいじっている人が多い。

今、使っている携帯電話が、買い替えてからもうすぐ丸4年になる。

4年というのは、実は今まで使ってきた携帯の中で一番長い。

これだけ長く使ってきた理由として、端末の完成度の高さが挙げられる。

バッテリーはとても長持ちだし、必要な機能は十分に備えられ、インターネットも見られないわけではない。

決してスマートフォンを毛嫌いしてきたわけではないが、単純に道具としての完成度がスマートフォンより高い。

バッテリーの持ちが悪く、端末自体が急にシャットダウンしてしまったり、データがいきなり消えてしまったりと、スマートフォンのトラブルはよく聞く。

ドコモのショップの店員が、「こまめにバックアップを取って下さい」などと、注意を促していること自体、完成度の低い道具を売っていることの証拠だ。

このように道具としての完成度が低いことが、私がスマートフォンに手を出さない理由である。

しかし、ここへ来て、少しずつだが、そうした難点が改善されつつあると聞く。

そうなってくれば、そろそろスマートフォンへの買い替えも検討してもいいだろう。

スマートフォンは、「電話」というより「電話もできるパソコン」という表現がある。

この表現に出会ってから、私自身、スマートフォンに対して誤解していたところがあったと反省した。

上記にも書いたことからわかるとおり、私はあくまで「電話」を買い替えとして検討してきた。

しかし、スマートフォンは「電話もできるパソコン」だから、携帯電話(ガラケー)はそのまま所持して、二台目として、スマートフォンを持つ意味がわかってくる。

だったら、スマートフォンよりも、タブレットという選択肢もあるだろう。

そう思って今年に入ってから思い切って、ipad miniを買うことにした・・・。

・・・が、まだ手元に届かない。

品切れが続いているそうだ。

この出張に間に合わなかったことは残念だが、こういう道具は使ってみないとわからないところもあるので、あれこれ考えないで、とりあえず買ってみることにした。

道具としてどこまで使えるのか、試してみようと思っている。

|

« 日本企業のすごさ | トップページ | インフレ予測 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本企業のすごさ | トップページ | インフレ予測 »