« 物議をかもせ! | トップページ | 株価の行方 »

2012年10月23日 (火)

視線の不思議

昨日は、午前中にご来客が2件。

午後は、ご来客が1件。

夕方から、監事を務める法人の役員会議に出席。

--------------------

【視線の不思議】

ちょっと前のこと、ホテルで行われた、とある宴会の席で、遠くの方に座っている方の名前が思い出せず、その人をじっと見ながら、「あれは誰だったか・・・」としばらく見ていた。

その方は隣の人と談笑していたが、ふと、私の視線を感じたのか、こちらをチラッと振り向かれた。

あわてて視線をそらし、しばらくして、またその人の名前が思い出せないことが気になって、再びその人を「誰だったっけなあ」と思いながら、そちらを見ていた。

遠くの席だから、視線に気づくということはないだろうと油断していたかもしれない。

再び、隣の人と談笑するその人が、私の視線に気づいたようで、またもやチラッとこちらを見てきた。

私は、あわてて視線を外した。

なぜ、私の視線に気づいたのだろうか。

 

ある日の夕方、仕事を終えて車で帰宅していた途中、信号で停車中、ふと、横に並んだ車に振り向くと、その車の運転手が私を見つめていた。

私がそちらを見ると、その相手は、さっと視線を外した。

もちろん、まったく見ず知らずの人だった。

私は意識して、そちらに振り向いたのではなかった。

勝手に首が動いて、視線の注がれる先を見てしまった。

私はなぜ、隣に並んだ車から送られる視線に体が反応したのだろうか。

無意識に振り向くと、そこに視線があったという体験を、私は他に何度もしている。

 

これは動物の本能なのだろうか。

人間には動物の本能が残っているのだろうか。

広い草原の中で、草むらから自分を狙う動物が自分を見つめていたとき、その視線に気づいて逃げるという本能でも残っているのだろうか。

なんとも不思議なものだ。

|

« 物議をかもせ! | トップページ | 株価の行方 »

コメント

私は時々自分の超能力を試すために(笑)
よそを向いている人に「こっちを向け~、こっちを向け~」と熱い視線と念?を送りますが振り向いてもらえません…

投稿: 成瀬です | 2012年10月24日 (水) 09時19分

>成瀬さん

ああ、それはまだ訓練が足りませんね(笑)。
しっかり目力(めぢから)を込めて、視線を送ってみてください。

ただし、これは、相手も視線に気づくことができる感性が無いとうまく行きません。
10人に1人は、感性の残っている人がいます。

自分の中にある動物的本能に気付くことは、なかなかにおもしろいことですよ。

投稿: 伊木隆司 | 2012年10月24日 (水) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 物議をかもせ! | トップページ | 株価の行方 »