« まんが博に行ってきました | トップページ | 日本の将来に自信を深める »

2012年10月26日 (金)

日本人の生き様とは

昨日は、午前中に顧問先を訪問。

当面の経営課題等について話し合った。

昼から内外情勢調査会の講演会に出席。

講師は、ノンフィクション作家の門田隆将氏。

「歴史に学ぶ 日本人の生き様とは」と題して約1時間半、話をしていただいた。

予想以上におもしろかった。

感動した。

そのあと、午後は、事務所で諸々の仕事の片づけ。

夜は、商工会議所青年部の例会に出席。

--------------------

【日本人の生き様とは】

ノンフィクション作家の門田隆将氏の講演は、予想以上に面白かった。

門田氏の話が上手であったこともあるが、中身が大変しっかりしたものだった。

旧日本陸軍で、満蒙あたりで指揮をとっていた根本中将とその部隊が、終戦後、ソ連軍に攻撃を受けながらも徹底抗戦し、命からがら日本に引き揚げることができた背景に、蒋介石率いる中国国民党の存在があった。

しかし、その後、中国国民党は毛沢東率いる中国共産党との戦い(国共内戦)に敗れ、台湾に引き下がった。

その台湾を守る戦いの際、蒋介石に助けられたことを忘れなかった日本人が、根本中将であった。

根本中将は、戦後、公職追放を受ける中、蒋介石の戦況の不利を知り、いてもたってもいられなくなり、恩義に報いるため、通訳一人を連れて台湾に渡る。

そこで中国名を名乗って国民党軍を前線で率い、金門島の戦いで中国共産党を殲滅し、台湾を死守した。

戦後の日本が台湾海峡を自由に通ることができるのも、この戦いに国民党が勝ったからで、その背景に命を義にささげた日本人がいた。

この命 義に捧ぐ」。

この本は読んでおきたい。

日本にはすごい人がいたものだ。

日本人の生き様を知って、自分も少しでもマシな日本人になりたいと思う。

|

« まんが博に行ってきました | トップページ | 日本の将来に自信を深める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まんが博に行ってきました | トップページ | 日本の将来に自信を深める »