« グローバル化の手法 | トップページ | バイオリズム »

2012年8月 6日 (月)

皆生海水浴場

金曜日は、午前中に顧問先を訪問。

決算に関するご相談など。

午後は、事務所にて、諸々の調査事案の片づけなど。

-----------------

【皆生海水浴場】

今年の夏の初めごろ、地元の人から「皆生(海水浴場)の水質がとても良い」という情報が入った。

それで、子供を連れて自転車で皆生の海に行ってみた。

泳いでみてびっくり。

確かに水質が良くなっているのだ。

家から自転車で10分ほどの距離にある皆生海水浴場は、子供のころから親しんできた海だが、お世辞にもきれいな海とは言えなかった。

一昨年、子供と皆生に行ったときは、健康を害しそうなほど水質が悪く、もう二度と行くものかと思ったものだった。

それが、今年はどうだ。

首まで海水に浸かったとき、自分の足の指が見分けられるほど、透明度が高いのだ。

ぷぅーんという、くさい嫌な臭いも無い。

この話を地元の人にすると、一様に、「ウソでしょ!?」と言われる。

「皆生=汚い」というのは、地元の人間にとって、一つの常識だからだろう。

なぜ、きれいになったのかまではわからないが、きれいになったことそのものは決してウソではないので、近くの人は行ってみるといい。

昨日も、子供を連れて海に行ってきた。

今シーズン、三度目の皆生での海水だった。

昨日は、クラゲを発見した。

その姿を皆生の海で見るのは、初めてに近い。

皆生でクラゲに刺されるときというのは、刺されてはじめて、存在を知るほど、昔は水質が悪かった。

しかし、昨日はクラゲの姿がはっきり視認できるほど水質がきれいで、クラゲの影が水底の砂にくっきりと映っているのがわかった。

地元の海が、こうしてきれいになって、心地よく泳げる海に変身しているというのは、なんだか得した気分だ。

 

昨日の夜は、米子の花火大会。

Dsc_0159このところ、子供を連れて毎年行っているが、まあ、昨夜もすごい人出だった。

米子でああいった人ごみというのは、まず無い光景だ。

今年から、30分に短縮されたが、内容はなかなか素晴らしいものだった。

下の子供が人ごみに押しつぶされそうになって、よう歩かなかったので、会場の外に出るまで抱っこして移動したら、子供とともに汗だくになり、へとへとになった。

下の子も、ずいぶん重たくなったものだ。

暑い夏もこうして一つ一つの行事を終えて、少しずつ秋が見えてくるのだろう。

|

« グローバル化の手法 | トップページ | バイオリズム »

コメント

そうですか、皆生の海はそんなにキレイになったんですね。

海といえば、中海もありますが、先日中海を泳ぐイベントが開催されたようで、当日の模様をテレビで見ました。

率直な感想は・・・

選手がちょっと気の毒でした。。

実際に泳いでみるとそうでもないのかも知れませんが、泳ぐにはやはり透きとおった水がいいですね。

投稿: TM | 2012年8月 6日 (月) 19時14分

暑い夏の行事がひとつひとつ終わるのって
なぜか寂しさを感じるんですよね

夏だけ束の間、子供に帰れるような
そんな錯覚に陥ります

幼少時代の遠い記憶が呼んでいるような・・・。

投稿: 会社員 | 2012年8月 6日 (月) 22時44分

>TMさま

中海は、周辺の努力は進んでいますが、海底のくぼみの問題だとか、水の流れが悪くてよどんでしまう問題だとか、抜本的な改善策が必要のようですね。

でも、浄化に向けての取り組みは、いつかきっと実るときがくるものと思います。

投稿: 伊木隆司 | 2012年8月 7日 (火) 08時30分

>会社員さま

夏の思い出は、暑さや日差しの強さとともに、楽しい思い出が多いように思います。
そうしたことが、季節感に影響を与えているのではないかと思います。


投稿: 伊木隆司 | 2012年8月 7日 (火) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グローバル化の手法 | トップページ | バイオリズム »