« 太陽光発電 | トップページ | 野生児 »

2012年8月 1日 (水)

「あきらめないでよかった」

昨日は、午前中に顧問先を訪問。

会計処理の相談など。

午後は、事務所で顧問先の新規事業についての計画書のチェックなど。

その後、顧問先の方が来所。

当面の経営課題についてのご相談など。

--------------------

【「あきらめないでよかった」】

オリンピックは毎日、悲喜こもごもだ。

柔道はよくがんばっているとは思うが、常に「金メダル」を期待されているので、選手も大変だと思う。

しかし、昨日の試合を見ていると、明らかに相手も強く、金メダルどころかメダルもそう簡単でないことも理解できる。

日本の柔道は、一本を取りに行く“美しい柔道”だが、世界の柔道はポイントを重ねて勝てばよいと考える柔道。

だから、外国人が日本の選手と対戦するときは、執拗に組ませないように、また、技を掛けられたらかわすことに徹するか、ちょっとうまい選手になると返し技で応戦してくる。

そのスタイルを徹底されると、一本を取りに行く柔道では、そう簡単に勝てるわけではない。

そんな中で、少しずつメダルを積み重ねているのだから、よくやっていると思うが。

 

期待通り勝つということは、とても難しいこと。

私はそこまでのプレッシャーを受けたことがないのでわからないが、競泳平泳ぎの北島が、100mで負けて、「申し訳ない」といった。

とんでもない。

よくやったと思う。

ちょっと前に比べれば、選手たちのコメントのレベルが上がっている。

「楽しめたから満足」だとか、負けても平気で言う選手は一人もいない。

「みなさんのおかげで勝てた」と、一言いえることは、人間的にも成長している。

だから、メダルの数も増えているのだろう。

 

銅メダルをとった女子の寺川が「あきらめないでよかった」と言った。

ちょっときれいなばかりに、10代のころからちやほやされて、自分を見失いかけたところから這い上がってきた。

もちろん、あきらめないで努力したのに、オリンピックの舞台にさえ立てなかった選手もたくさんいる。

将来を嘱望されたエリート競技者であっても、五輪の舞台に立てるのは、その中のほんのわずか。

才能と努力に加えて、運も必要。

努力がすべて報われるわけじゃないけど、それでも努力だけは重ねることは必要。

その営みこそが尊い。

私のような一般人はそういう風に思わないといけない。

|

« 太陽光発電 | トップページ | 野生児 »

コメント

柔道は一本をとるのか、勝負に勝つのか、考える局面に来ていると思っている。判定で勝つ方法こそ体力に劣る日本人向きだと思うのだが・・・。

投稿: 会社員 | 2012年8月 1日 (水) 13時19分

>会社員さま

確かにそういう考え方もありますね。
そうはっきりと切り替えられないところに、迷いもあるようにも思えます。

投稿: 伊木隆司 | 2012年8月 1日 (水) 22時59分

1%の才能と99%の努力。
ロンドンオリンピックという舞台のみを見ればそこにたどり着く人はごくわずかだと思いますが、その才能と努力はその人の今後の人生において、きっと他のことにもつながり、役立つと思います。

投稿: チャラリーマン | 2012年8月 2日 (木) 10時07分

>チャラリーマンさま

私もそう思います。
苦しい練習に耐えるだけの根性がありますからね。

投稿: 伊木隆司 | 2012年8月 3日 (金) 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太陽光発電 | トップページ | 野生児 »