« ブリティッシュロック | トップページ | 「あきらめないでよかった」 »

2012年7月31日 (火)

太陽光発電

昨日は、午前中に6月決算法人の税務申告書の作成など。

午後は、社外役員と務める法人の理事会に出席。

事務所に戻って、税務申告書の作成の続き。

--------------------

【太陽光発電】

日本勢はメダルラッシュ。

金はまだ1つだが、それでもうれしい。

 

それにしても、毎日のように猛暑が続く。

エアコンもフル稼働で、節電なんてできるレベルではない。

そこへきて、電力料金の値上げ。

中でも東電はひどい。

4人家族で1,377円値上げ 東電 9月から新料金」(朝日デジタルよりリンク)

原発が動かないだけではなく、再生可能エネルギーの買い取りが始まるかららしい。

 

実は、私は今、自宅用に太陽光発電のパネルの設置を本気で検討している。

1kwhあたり42円の買い取り価格は、もはや誰がやっても設備投資を回収できるレベルの買い取り価格だ。(固定価格買い取り制度についてはこちら

ここまでの大盤振る舞いも、太陽光発電を普及させるためとはいえ、ちょっとやりすぎではないかと思うが、そう決まった以上、検討することは必要だろう。

初期投資の費用さえ拠出できるなら、やってみる価値はあるというものだ。

しかし、この仕組みは、ご存じのとおり、すべての利用者に薄く広くフッかけることで成り立っている。

設置できる人は得をして、設置できない人が損する制度だ。

こういう仕組みを放置していていいのだろうかと思う。

当初はそういう議論もあったはずだが、最近は聞こえてこない。

つくづくまともな議論がなされない国だと思う。

|

« ブリティッシュロック | トップページ | 「あきらめないでよかった」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブリティッシュロック | トップページ | 「あきらめないでよかった」 »