« 被ばくと発がんの真実 | トップページ | 今年最初の勝負どころか »

2012年5月 7日 (月)

米子出身 武尊くんに期待

ゴールデンウィークは、概ねゆっくり休むことができた。

休日出勤は今年は1日で済んだ。

これはゼロにしなければいけない。

事業主だから残業も何もないのだが、超過勤務というのは、どこか計画とその働き方に問題があると思う必要がある。

これは是正するよう努力したい。

 

連休日中は、子供ともよく遊べた。

201205041615001ジャスコへウルトラマンショーを観に行ったり(写真)、近所の小学校ですべり台しに遊びに行ったり、昨日は大山のみるくの里へ連れて行き、草原を散策したりした。

例年通り、近場にしか行かないGWだが、十分、リフレッシュできた。

 

5月5日には、学校の後輩で県議会議員の内田隆嗣君の結婚披露宴があり、出席してきた。

披露宴の同じテーブルに、自称・格闘家の若い男が同席していた。

髪を赤く染め上げ、最初はちょっと近づきがたい雰囲気だったが、話してみると実に気さくで、しかも礼儀正しい男だった。

男の名は、武尊(たける)といった。

ブログを書いているようで(武尊ブログ)、5日の結婚披露宴のこともアップされている。

米子出身のプロキックボクサーで、中央でも期待の星だという。

スーツ姿の彼は、とても細見に見えて、まったく強そうに見えなかったのだが、ひとたびスーツを脱ぎ捨て、余興でミットうちを始めると、その迫力に会場は静まり返り、圧倒され、そして興奮のるつぼと化した。

パンチの切れ、キックのスピードは、さすがプロと思わせるもので、会場に響くミットに当たったときの音から、威力十分の迫力が伝わってきた。

聞けば、弓中(弓ヶ浜中学)出身だということで、とても身近なところから、すごい男が出たものだと思った。

まだ二十歳の彼の口から、「勝って故郷を盛り上げたいです」などと、泣かせるセリフを吐く(Team武尊オフィシャルサイト)。

今は東京のジムに所属しているようだが、私は彼を応援したいと思った。

いや、私だけでなく、同じテーブルに同席した私の友人たちも彼を応援したいと異口同音に言った。

プロになってからの戦績は、4戦4勝(3KO)だそうだ。

だが、プロと言ってもまだファイトマネーだけで飯が食えるわけではないそうだ。

バイトしながらトレーニングに励んでいるという。

今度は8月に後楽園ホールで試合があると聞いた。

行けたら行きたいと思う。

武尊くんの活躍を心から期待しています。

ああ、忘れずに書いておこう。

内田くん、ご結婚おめでとう!

|

« 被ばくと発がんの真実 | トップページ | 今年最初の勝負どころか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 被ばくと発がんの真実 | トップページ | 今年最初の勝負どころか »