« ドイツの思惑 | トップページ | 「開業は夢のまた夢」 »

2012年1月19日 (木)

山陰の冬

昨日は、午前中に顧問先を訪問。

関連会社の運営についてのご相談。

昼から商工会議所青年部の理事会に出席。

事務所に戻ってご来客が1件。

-------------------

【山陰の冬】

昨晩、自宅でフジテレビ系列の「ホンマでっか!?TV」を見ていたら、空気が乾燥するとインフルエンザが流行しやすくなるとあった。

具体的には、湿度50%以上だとウィルスが10時間ほどで死ぬが、湿度38%以下に下がると1日以上生き延びるという。

そういえば、東京はこのところずっと乾燥しているというニュースを目にする。

東京暮らしをしていたとき、冬の乾燥が結構やっかいだったことを思い出す。

乾燥状態が続くと、えも言われる不快感を感じたものだ。

もともと乾燥肌なのだろう、東京で一人暮らしを始めてからの初めての冬、生まれて初めてハンドクリームを使うようになり、以来、冬場は手離せなくなった。

社会人になってからも、冬の間はカバンの中にハンドクリームを常に入れていた。

手がカサカサになってしょうがなかったのだ。

東京の冬は、刺すような寒さだが、山陰の冬はいつも湿っていて、まとわりつくような寒だ。

この違いが、実は、大昔に山陰地方に疫病が少なかった原因とも言われている。

冬に雨が降った次の日は、風邪やインフルエンザの患者が減ると、ある内科の開業医の医師に聞いたことがある。

湿気がインフルエンザウィルスを殺してしまうのだろう。

米子に帰省して今年で10年目になっているが、冬でもハンドクリームを持ち歩くことはない。

山陰の冬は、いつも曇りがちで雨や雪がしょっちゅう降る。

「冬型の気圧配置」と天気予報でいえば、山陰は雨か雪だが、東京では晴れて乾燥することを意味する。

これが、東京暮らしで驚いたことの一つだった。

冬場でも晴れ間が続く太平洋側は、冬でもどんどん建物が立つ。

天候の違いは、経済的にはハンデだと思ったことは幾度となくあるが、最近はむしろ山陰の冬も悪くないと思うようになった。

Photo冬はなかなか晴れないが、たまに晴れたときの澄んだ空気に映える大山の雄姿を仰ぎ見るのも米子のいいところ。

写真は以前に住んでいたマンションから写した冬の大山。

昨日の晴れ間には、同じように美しい大山が米子の街から望めた。

冬のなかなか晴れない天気にじっと耐えて、山陰人は忍耐強くなるのだろう。

|

« ドイツの思惑 | トップページ | 「開業は夢のまた夢」 »

コメント

木造の学校とコンクリートの学校とでは木造の方がインフルエンザにかかりにくいそうです。これははっきりと統計に出ていまして、やはりコンクリートの方が湿度が低くなりやすいからだそうです。

投稿: 飴屋 | 2012年1月19日 (木) 17時35分

なるほど、そういうところにも違いがでるのですね。
木造がもっと見直されるべきだと思いますね。

投稿: 伊木隆司 | 2012年1月20日 (金) 08時33分

寒中見舞い申し上げます。

今週末は,東京都内は初雪を観測し寒い{{(>_<;)}}週末を迎えました。

金曜日に終日雪が降り,土日はこれが雨に変わり,一ヶ月振りの雨だったと思います。
本当に都内は大変乾燥してます。
都民の生活している場所が,乾燥し過ぎているのですよ。

空気が乾燥してるは勿論ですが,人々が集まる場所は暖房の影響で,湿度は30%以下かもしれません。

これでは,様々なインフルエンザが流行するのも頷けます。

山陰の冬ですが確かに都心より気温が低いですが,降雪がありますから湿度が違いますよね。

体感温度が違うと思います。

都心も晴れの時は,富士山まで見えますが,この季節は,米子市から見る雪の積もった大山の方が好きですね。

また大山でスキーがしたいです。

伊木さんはスキーはされるのですか?

寒い日が続きます
御身体を御自愛下さい!

投稿: 東京都民 | 2012年1月22日 (日) 21時40分

>東京都民さま

こちらも今週から寒波到来のようです。
大山のコンディションは大変良いと聞いています。
スキーは大人になってからやっていませんが、子供がもう少し大きくなったら一緒に始めようと思っています。
何といっても、スキー場まで30分ほどの絶好の環境を大いに楽しみたいと思っています。

投稿: 伊木隆司 | 2012年1月23日 (月) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドイツの思惑 | トップページ | 「開業は夢のまた夢」 »