« ゴールド暴落 | トップページ | 体のメンテ »

2011年12月16日 (金)

忘年会シーズンたけなわ

昨日は、午前中に確定申告や10月決算会社の決算などについて、諸々の調べ物。

午後は、中海テレビの打ち合わせなど。

夕方から経済同友会の総務委員会。

その後、皆生温泉の旅館で忘年会。

忘年会が終わったら、そのまま温泉に入浴。

実にいい湯だった。

------------------

【忘年会シーズンたけなわ】

忘年会シーズンたけなわだと思う。

よく、「俺は、○日連続で、体がきついわ」という話を聞く。

「俺は忙しいんだぜ」という自慢なのかわからないが、もし本当に体がきついのだったら、「お止めなさい」と言いたい。

無理して付き合いを重ねて、それで安泰の時代はとっくに過ぎている。

自分の会社が提供する物やサービスの質とコストパフォーマンスを上げる努力が先で、付き合いは後。

私は昨日もそうだったが、2次会は極力遠慮することにしている。

なぜか?

私にはまだ目標があるからだ。

少しでも早目に家に帰れば、勉強する時間もできるし読書する時間もできる。

1次会は、不義理を避けるためにも出来るだけ出席するが、9時か10時までに家に帰れば、1時間ほど勉強する時間ができる。

私は学生時代に、師匠の川北先生と出会って、夜、帰宅してからの努力の大切さを教えてもらった。

20代のときに、それを実践してみて、日々のコツコツとした努力の積み重ねが本当に成果を生むことを体で知った。

30代も後半に入った今、時代がどんどん変わっていく中で、この努力の積み重ねはもうしばらく必要だと思っている。

もっと優れた会計士・税理士になりたい。

もっとお役に立てる会計士・税理士になりたい。

様々な知見を提供できる会計士・税理士になりたい。

仕事以外でも相談が受けられる会計士・税理士になりたい。

今の時代、専門バカでは生き残りは難しい。

自分の専門領域と隣接する領域もどんどんカバーして、自らの中にワンストップサービスを構築していくことが必要だと思っている。

そのためには、少し、お付き合いを遠慮して、自分のために使う時間を増やす必要がある。

最近少しずつ、専門以外でもいろいろな相談が来るようになった。

特に、結婚相談は我が事務所の得意とするところか(笑)。

自己研鑚の時間として、また、自分の将来だとか、家族の将来などを見つめ直す時間として、夜、寝る前の1時間くらいは確保したいところだ。

「真面目」だとか、そういうことではない。

どれだけ自分の人生を楽しみきるかという問題で、そのための時間配分は出来るだけ自分で決めるということが大事だと思っている。

|

« ゴールド暴落 | トップページ | 体のメンテ »

コメント

伊木さんは、帰宅後どのような勉強をされているのですか。参考にしたいです。

投稿: 会社員 | 2011年12月19日 (月) 12時43分

特にこれと決めてはいませんが、経済関係の本を読むことが一番多いです。

右の欄外の掲載書を見てもらえば、何となく傾向がおわかりになるかもしれませんが、小説の類はほとんど読みません。

また、仕事で必要な税法の解説書であったり、不動産の解説書であったり、そういう実務本を読んで勉強することもあります。

ご参考になったかわかりませんが、自分の仕事に関連するものが多いです。
ただ、どれも自分にとって興味深くて面白いものであり、決して苦痛な勉強をしているということはないですね。

投稿: 伊木隆司 | 2011年12月19日 (月) 16時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴールド暴落 | トップページ | 体のメンテ »