« 携帯ゲーム | トップページ | ギリシャはいつデフォルトするのか »

2011年12月 5日 (月)

日本人の戦争

金曜日は、午前中に顧問先を訪問。

顧問先が優良申告法人として表彰され、米子税務署長から賞状が授与された。

終えてから、別の顧問先を訪問。

役員会に出席。

午後はご来客が2軒。

当面の経営課題についての相談や、新規ビジネスについて意見交換など。

土曜日は、午前中に顧問先の相続・事業承継に関しての話し合い。

------------------

【日本人の戦争】

週末の夜、風呂上がりにふとテレビをつけると、NHKで「証言記録 日本人の戦争」という番組をやっていた。

思わず見入ってしまった。

この手の番組は、いつも夏の終戦記念日あたりに、ちょろっと放送して終わりのパターンが多かったが、NHKはこうやって終戦記念日以外でもずっとアーカイブをとって放送し続けているのだ。

いいことだと思う。

戦争を知らない世代にとって、まだ生きている人たちの実際の証言というのは唯一、戦争にリアルさを感じさせてくれるものだ。

その証言を聞くと、残酷極まりない話が次々と出てくる。

沖縄の話にしても、ニューギニア戦線の話にしても、言い尽せぬほどひどいものだと思う。

これまで、戦争で生き残った多くの人たちが、死ななかった自分を悔いて、戦争体験を自分の中に封印して話してこなかったものと思われる。

とても話せなかったのだ。

しかし、そんな人たちもすでに90歳前後まで年をとり、死期が近づいてきているのを最後のチャンスととらえ、NHKの取材班が何とか証言してもらったのだろう。

60年以上経っても、戦争を経験した人にとって忘れがたい悲劇が彼らの胸をえぐりつづけてきたということがよくわかる。

日本人として、これは見ておくべきだと思った。

|

« 携帯ゲーム | トップページ | ギリシャはいつデフォルトするのか »

コメント

自分もその番組の冒頭を見ていました。今まで戦争に関わる番組は、昔昔のことだと思い、見ていると心が暗くなるので、避けていました。
しかし、自分の両親が子供の頃におきた事だと思うと全く昔話ではないと思い始めています。
今のこの国はたくさんの犠牲の上に成り立っていることを今更ながら生で感じ始めてもいます。

投稿: 中村 | 2011年12月 5日 (月) 16時03分

>中村さま

見ていらっしゃいましたか。
仰る通り、単なる昔話じゃなくて、親や祖父の世代が実際に体験してたんですよね。

生き残った人たちの多くが、戦争で亡くなった人たちが浮かばれるような良い国にしようといって、今の日本があることを考えると、戦争の犠牲の上に成り立っていることを、私も実感します。

投稿: 伊木隆司 | 2011年12月 5日 (月) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 携帯ゲーム | トップページ | ギリシャはいつデフォルトするのか »