« 面白い展開 | トップページ | 分析、一つの仮説 »

2011年7月 5日 (火)

よっぽどマシか・・・。

昨日は、事務所で5月決算法人の税務申告書の作成や、その他の調査事案の片付けなど。

------------------

【よっぽどマシか・・・。】

いろいろニュースがあるけども、例えば被災地へも行かずにおいて、「自民党の復興政策はおかしい」などと言って離党した議員と比べれれば、震災後、被災地を足しげく通っていろいろ知った上で物議を醸す発言をした松本大臣の方が、よっぽどマシかと思う。

口下手なのだろう。

ニュースを見る限り、そこまでひどい発言だとは思わなかったが、聞く人によれば、問題発言だったのかもしれない。

わかりやすい人だと思った。

「長幼の序」だとか、「自分が先に入ってお客さんを待て」だとか。

そういうのをすごく重視する人っている。

ただ、村井知事もそれがわからない人だとは思わないから、それなりに事情があったのだとう思う。

話によると知事の到着時刻は、定刻より少し前だったとか。

「地元でコンセンサスをとっておけ」というのも、国が何でもやってくれると思っていたのでは復興が進まないからこその発言だろうとも思った。

そういう意味では、何にもやらないで口八丁で周りの人をだまして裏切る議員の方がよっぽどひどい。

地元では、未だに自民党関係者が支援者に謝って回っている。

もうあなた方が謝る必要はないですよ。

 

 ①口だけは達者だが、何もしないで周りを平気で裏切る議員

 ②口は下手だが、それなりに努力しようと奮闘している議員。

 

①と②ならば、②の方がよい。

だが、マスコミ的には②の方が揚げ足をとりやすい。

政治家の資質を見抜くことは、有権者にとって大事なこと。

②であっても、努力しているあとが見られるならば、大目に見てもよいのではないかと思う。

|

« 面白い展開 | トップページ | 分析、一つの仮説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 面白い展開 | トップページ | 分析、一つの仮説 »