« 次期首相候補 | トップページ | うなぎの効用 »

2011年7月19日 (火)

恐るべし 日本の女子

金曜日は、午前中に5月決算法人の税務申告書の作成など。

午後は、株価鑑定の仕事。

------------------

【恐るべし 日本の女子】

7月に入って、体の調子を崩し気味。

暑さのせいで、思ったよりも睡眠がとれていないのが原因と思う。

7月から歯茎の腫れが出て、あごの下のリンパ節の腫れ、口の下あたりにできる吹き出物など、疲れたときに出る体の症状が、順番にすべて出た。

先週の半ばには、夏風邪と思われる症状も。

歯医者の先生の見立てでは、「抵抗力が落ちてますね」とのこと。

急に寝苦しい夜が続くようになり、一緒に寝ている子供たちも布団をのたうちまわり、私に乗りかかるなどして起こされて、睡眠が足りていないのが主因だと思う。

とりあえず、先週から寝室を分けさせてもらった。

 

3連休の初日は、疲れを取るために半日を寝て過ごした。

2日目(17日)は皆生トライアスロンのボランティア。

Photo 自転車コースのエイドステーションで、選手が捨てる飲み物のボトル拾い。

炎天下の中、これが結構、足にきた。

選手が飲み捨てていくゴミや飲料ボトルなどの数は半端じゃない。

次々と転がり落ちてくるボトルを拾い、まるでノックを受けているような感覚だった。

写真は伯仙商工会前のエイドステーションを通過する選手。

気温35度の酷暑の中、熱中症でリタイアする選手もこのエイドステーションだけで3名。

ボランティアやってるこちらも、熱中症で倒れないように、頭から水をかけて応戦。

それでも短時間でかなりの消耗。

日頃の運動不足を痛感。

今年の夏は「水泳でもして体を鍛えよう」と、決意だけは固めたが・・・。

 

昨日は疲れを取るために朝寝坊しようと思っていたら、なんだか5時半ごろに目が覚めてしまい、「そういえば、なでしこジャパンの決勝やってるな」と思って、テレビ観戦。

ちょうど同点で延長戦に入るところだった。

延長後半に、相手のエースに1点を取られ、「やっぱり勝てないのか」と、見ているこちらがあきらめかけた延長後半の終了間際の同点弾!!

脅威の粘り!!

男子でふがいない試合を何度も見てきた経験から、日本代表チームが土壇場であんな芸術的なボレーシュートが決まるとは思わなかった。

男子サッカーよりも、体格差は大きいように思ったが、足元を抜くパスサッカーを展開し、見事に闘い抜いた。

今朝の日経スポーツ欄には、いいことが書いてあった。

男子は、監督が変わるたびに「ジーコ」「岡田」「ザック」ジャパンと、愛称が変わるが、女子は「なでしこジャパン」で一貫している。

目標とするサッカーにも一貫性があり、それが功を奏したと。

資金も人材も乏しい中、工夫するしかなかったというのが実情だと思うが、資金も人材も豊富な男子と比べたとき、何が功を奏するか、よい勉強になったと思う。

昔から日本ほど女性が強い国はないのだが、大舞台で日本女子の本領発揮。

恐るべし、日本の女子。

|

« 次期首相候補 | トップページ | うなぎの効用 »

コメント

野球も確かサムライジャパンだったような。男子サッカーには少し根性といったような泥臭い部分が足りないように感じます。だから神が微笑まない。

投稿: 会社員 | 2011年7月20日 (水) 00時03分

国内のJリーグがそれなりに恵まれた環境だからでしょうか。
世界レベルで見ればあまり強くないわけだから、マイナーリーグのような待遇で十分なのでしょうが、そういうわけにもいかないという事情もあるのでしょう。

この時期、南米選手権に招待されていましたが、クラブチームとの都合で、辞退したことも問題だったと思います。

強くなるには、泥臭さや一貫した強化戦術などがそろわないといけないのだと思います。

投稿: 伊木隆司 | 2011年7月20日 (水) 09時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 次期首相候補 | トップページ | うなぎの効用 »