« 金融危機第二幕の攻防 | トップページ | 週末雑感 »

2011年5月12日 (木)

体を温める

昨日は、午前中に事務所で3月決算法人の税務申告書等の作成。

午後は、打ち合わせが1件。それ以外は税務申告書の作成。

それにしても雨がよく降った。

峠は越えたようで、明日からは晴れるようだ。

------------------

【体を温める】

少し前から、本屋に「体を温めると健康によい」という類の本がたくさん並ぶようになった。

そうした本の見出しだけ見るだけで、およそのことは理解できたので、この類の本は一冊も買っていないが、昨日の夜、NHKのためしてガッテンで、同じ趣旨のことを検証してくれていた。

ぜんぶ見たわけではないが、やはり体を温めるのは、長寿とか若返りとか、ガン予防だとか、あらゆる健康につながるらしい。

私は、いわゆる“健康オタク”ではないので、こういう話はさらっと聞いて、実践できそうなことだけをやることとで十分と思っているが、例えば、ゆっくり風呂に入るなんてことも、体を温める手段として有効だと思う。

有効・・、というか、昔から日本人が好んでやってきたことだから、今さら健康法として実践ということもないだろうと思う。

昔から湯治といって、体の調子がおかしくなった人が温泉場へ行って、長期滞在しながら体を温めることで治療としてきた話がある。

例えば豊臣秀吉の妻・おねは、有馬温泉に湯治へ行ったということを大河ドラマで見たような記憶があるが、昔の人は経験的に体を温めることが健康によいことを知っていたのだろう。

要するに、風呂でゆっくり体を温め、ときどきは温泉にも行って、しっかり体を温めることが、健康につながるということなのだろう。

これだったら、まずい汁を飲む、みたいな健康法と違って、精神衛生上も良いと思う。

|

« 金融危機第二幕の攻防 | トップページ | 週末雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金融危機第二幕の攻防 | トップページ | 週末雑感 »