« 天然ガスの時代 | トップページ | 真相は藪の中 »

2011年3月30日 (水)

日本人の弱点

昨日は、事務所で調査事案の片付け。

-------------------

【日本人の弱点】

一連の原発事故の処理を見ていて、日本人の弱点がよくわかった。

それは「議論がうまくできない」ということだ。

聞けば、事故が起こる前から福島原発の危険性について専門家から指摘があったという。

前知事も疑問を呈し、原発推進にストップをかけようとしてきた。

そうした動きに対して、議論する余地も与えず、前知事に至っては逮捕して社会的に抹殺することまでしてしまった。

「二項対立」という言い方があるが、原発を推進するか反対か、その2つしかないから、議論するのではなく、相手の主張を根っこから封じる作戦に出てしまう。

東電は、キー局に対して広告代理店を通じて大きな影響力を行使してきた。

たとえ表に出てはまずい情報があっても、流させないようにコントロールしてきた。

原発に反対する者たちも、イデオロギー的な反対論が多く、すでに稼働している原発をどうするのか、代替エネルギーをどうするのか、実行可能性のある議論になっていない。

だから余計にまっとうな議論がなされないまま、今回の事故につながった。

ひとたび事故が起きると、今度は政府と東電と官庁と地元の自治体がそれぞれに対立し、収集がつかない状況が続いている。

現場情報を持っている東電に対しても、常に情報の仮装隠ぺい疑惑が持ち上がり、信用を失墜している始末。

「以前から危険性が指摘されてきた」などと、後から言うなといいたいが、ずっと議論がオープンに報じられてこなかったのだと今になってわかる。

何どか書いてきたことだが、要するに細かいすり合わせが、ここでは出来ていなかったということだ。

議論には、相手の考え方への批判を含むことが重々あるが、ちょっとでも批判モードに入ると「けしからん」みたいな雰囲気になって、議論そのものがなされなくなる。

第二次大戦のときの大本営と本質は全く変わっていないことに、失望感を覚える。

これからの日本人が磨くべき資質は、きちんと議論すること、ではないだろうか。

今回の原発事故の事前と事後の対応を見ていてい、日本人の弱点が浮き彫りになったと思う。

|

« 天然ガスの時代 | トップページ | 真相は藪の中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天然ガスの時代 | トップページ | 真相は藪の中 »