« 株価について | トップページ | 東日本大震災 5 »

2011年3月17日 (木)

何ができるか

昨日は、午前中に1月決算会社の法人税申告書等の作成。

午後も同じく1月決算会社の法人税申告書等の作成。

夕方に顧問先を2軒訪問。

---------------

【何ができるか】

日本列島は冬型の気圧配置になっているようで、ここ米子でもうっすらと雪が積もっている。

被災地で物資の不足などで厳しい状況に置かれている人たちに対して、自分に一体何ができるかいろいろ考えた。

結局、以下の3点だと結論を出した。

1つ目は、義援金が有効であること。

私のような小さな個人では、物資を直接送ることは不効率であり、かえって迷惑されかねない。

物資の輸送は大口の企業や自治体に任せて、小口でも貢献できる義援金が有効だと判断した。

ただし、怪しい義援金募集には乗らない。

詐欺事件も出回っているようだし、確実にお役に立てるよう、しかるべきルートに乗せたいと思う。

2つ目は、出来る限り、普段どおりの生活を心がけること。

私が日本の片隅で心を痛めて自分の仕事をおろそかにしたところで、大きな枠で考えれば何の意味もなさない。

むしろ、普段どおりの生活の中で、普段どおりの経済が回るように努めることが地味だけど重要だと思う。

過度な自粛ムードもよくない。

被災した人たちの神経を逆なでするようなイベントは中止が妥当だが、そうでないものならば出来る限り普通に行い、その中で経済活動を回して復興の礎とするのが正しいのではないだろうか。

3つ目は、買いだめをしないということ。

物資の不足を心配して、山陰地方でも食料などを買いだめする人がいるとニュースで見たが、やめたほうがいい。

中には飲料水などを買いだめしている人もいるようだが、こちらは蛇口をひねれば水が出るのに全く意味のない行動だ。

東日本では、いろんな生産活動がストップして、本当に物資が不足しているものがある。

そして、東北の被災地では一刻を争う事態が続いている。

そのため、西から物資を運び込むことを計画する企業もある。

東北への供給に万が一でも支障がでないよう、こちらで買いだめをすることはするべきでないし、必要もない。

これらのことは小さなことかもしれないが、日本人が心を一つにして東北を救うためにも、確実な実践が必要だと思う。

|

« 株価について | トップページ | 東日本大震災 5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 株価について | トップページ | 東日本大震災 5 »