« 寒冷化対策 | トップページ | 就職難 »

2011年1月18日 (火)

水道水

昨日は、事務所で法定調書の仕上げ。概ね提出も終わった。

その他、ご来客が1件と、調査事案の片付けなど。

-------------------

【水道水】

このたびの積雪で、大山の積雪が2m48cmとニュースでみて驚いた。

どんな積雪だと思う。

子供のころ、大山にスキーに行って道を歩いていると、足元に道路標識が雪から顔だけ出しているのを見たことを覚えている。

足首の高さに道路標識があったのだ。

2m48cmの積雪というと、道路はそれなりに圧雪してあるだろうが、そんな感じのイメージだろうか。

本当に凄まじい今年の寒波だが、そんなニュースを見て少し安心していることが一つある。

それは、しばらく大山の伏流水は大丈夫だろうということだ。

大山山系の伏流水は、ブナ林の腐葉土でろ過された天然ミネラル豊富な水で、これは全国的に見てもっとも上等な水らしい。

大山山麓の水工場を尋ねたとき、そこのスタッフの方が言うには、アルプスの天然水と比較しても、断然こちらが上だということだ。

私は最近、家でちょっとのどが渇くと、コップに水道の水を入れて飲む。

これがなかなかうまい。

以前は、水道水を飲むということに抵抗があった。

水がペットボトルに入れられて売られている時代だ。

その前提に、水道水はまずいというのがあった。

しかし、米子地方においてはこれは当てはまらない。

大山の伏流水から生まれた地下水をくみ上げている米子の水道水は、日本で一番、水質の良い水だということだ。

要するにペットボトルの水を買うよりも、水道の蛇口をひねって出てきた水の方がうまいというわけだ。

高校時代、六甲のおいしい水というのが発売されて飲んでみたところ、「あれっ?」と思った記憶がある。

いつも口にする水道水よりも、口に抵抗があったのだ。

大学受験で大阪のホテルに泊まったとき、その水の臭さに都会を感じたものだった。

一人暮らしで東京に出た時もそうだった。

水道水は飲むものではないと、そのころから思うようになった。

しかし、最近は、東京や大阪の水道水も相当、質が良くなっているという。

東京の水は売り出すほどになっているし、大阪の水もずいぶんと良くなったという。

確かに最近、東京出張などで東京のホテルに宿泊し、歯磨きなどで水道の水を口に含むと、臭いにおいがないことに気付く。

大阪でも悪評を覆そうと相当努力したらしく、水道水の質が大きく改善したそうだ。

大山山麓に水工場を作った大手飲料メーカーの工場長さんに、今後、大山でジュースなどの飲料も手掛ける計画はないかと尋ねたことがある。

すると工場長さんは、「こんなうまい水は、そのままペットボトルに詰めるのがよい。ジュースを作る水はまずくても大丈夫」とのことだった。

プロがそう言っていたのだから間違いはない。

そう言われて飲んでみると、米子の水道水は確かにうまいのだ。

地元の人間が、それまで知らなかったことを恥じる。

当たり前だと思っていたことが、実はすごかったということなのだ。

降雪が伏流水として戻ってくるのが何年後か知らないが、豪雪の今年は豊富な雪解け水ができそうだ。

米子に住む以上は、水道水を飲まないと損ということなのだろう。

|

« 寒冷化対策 | トップページ | 就職難 »

コメント

寒中見舞い申し上げます。
米子市の降雪はいかがですか??

東京都の水道水は,この10年で大変美味しくなりました。

飲料水も良いですが,スウィミングプールの水も向上しました。

1990年代は,東京都の水道水は残念ながら美味しくなく,海外,国内からのミネラルウォーターに頼ってました。

特に,外資系のDANONE,Nestleのグループ企業のミネラルウォーターが日本に進出してました。

evian,volvic,vittel,perrier....。

特に、フランスのミネラルウォーターに人気がありますね。アルプスの天然ミネラル成分が特に多く,硬水が多いですね。ボトルのパッケージのデザインが良いですし,天然発砲水も美味しいです。

たしか,パリでガス入り水道水が飲める場所が,出来たと聞いた事がありますが!!??

私も硬水が好きですが(二日酔いの時などに!!)

米子市の水道水も好きです!!軟水で軟らかい感じですかね??

米子市の財産ですよね!!
水道の蛇口を捻り,美味しい水が飲めるなんて!!
こんな幸せな事はないと思います。

だから,安来でCAFEを経営してる彼は東京に進出しないのかも??

投稿: 東京都民 | 2011年1月22日 (土) 23時13分

こんばんは。
転勤で米子を離れて8カ月。米子で飲み水や炊飯に使っていた水道水ですがこちらではなかなか使う気がしません。

離れてわかる、離れなければわからない、何気ないぜいたく。つくづくそう思います。

投稿: あいぼ | 2011年1月23日 (日) 21時00分

>東京都民さま

米子の降雪はとりあえず落ち着いていますが、気温の低い日が続いているため、雪かきした雪の山がいつまでたっても消えません。
街中に氷柱が立っているようなもので、外はいつまでも寒く感じます。

カフェロッソさんが東京に進出しない理由は私にはわかりませんが、おっしゃるように水も一つの要因かもしれません。
また、クリエイティブな仕事は都会の喧騒の中よりも、落ち着いた地方の街の方が良いと私は思っています。
そうしたことも理由かもしれませんね。

投稿: 伊木隆司 | 2011年1月23日 (日) 22時20分

>あいぼ様

米子に住んでいらしたのですね。
確かに離れてわかる街の良さというのはあると思います。
私も東京に10年住んだおかげで田舎の良さがわかりました。
水は財産だと思います。

投稿: 伊木隆司 | 2011年1月23日 (日) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒冷化対策 | トップページ | 就職難 »