« おかげ様で8周年 | トップページ | 陸自米子駐屯地 »

2010年10月 8日 (金)

理科離れ

昨日は、監査委員の仕事で鳥取県庁へ。午後は、事務所に戻って調査事案の片付け。

やわらかな秋の空気が肌に心地良い季節になりましたので、このブログの背景を変えてみました。

--------------------

【理科離れ】

高校時代、化学の授業がさっぱり理解できなかった私には、ノーベル化学賞なんてもっとも遠い世界の話のように思いますが、どうやら、薬だとか、液晶だとか、私たちの身の回りのものに広く技術が応用されているようです。

子供の“理科離れ”が言われて久しいですが、私たちの身近なところで、化学の技術が役に立っていることが分かれば、もう少し子供たちも理科に興味を持つと思います。

化学の授業の最初は、元素記号を覚えるというものだったと思います。

水素、ヘリウム、リチウム、ベリリウム・・・。

これを、「水 へ り べ ボクの船・・・」 などと覚えるのですが、それが一体なんなのかわからず、最初の時点で挫折したのを覚えています。

「結合の手が2本ある」とか言われても、何で結合しなきゃいけないのか?などと、最初から疑問の連続で、まったくついていけませんでした。

もちろん、何でもかんでも「役に立つかどうか」で判断するのは、悪かったとは思います。

しかし、あのころは余計な勉強したくないと思っていたので、意味のわからない元素記号の暗記などしたくなかったというのが本音のところだったと思います。

幸い、別の道を見つけることができたので救われましたが、もっと興味深く理科の授業をしてあげれば、必ずしも理科離れは起きないと思います。

日本人の中には、例えばIPS細胞の開発で有名な、京都大学の山中教授のように、ノーベル賞の候補者が他にも何人かいるようです。

今回の受賞で、日本の科学技術の底力を見せたことで、化学の勉強をしなかった私ですが、こういうときには同じ日本人として、誇らしいことだと思います。

|

« おかげ様で8周年 | トップページ | 陸自米子駐屯地 »

コメント

キンモクセイの薫る季節ですね。お元気ですか?
理科離れですが,日本の子供達に多くはないのでしょうか?私達が小学生の頃の将来の夢には,飛行機のパイロット,宇宙飛行士(スペースシャトルのパイロット),F-1レ-サー,医師,エンジニア,そして,発明家。等など...。理数科系の職業が人気がありましたが,最近は聞かなくなりましたね。日本の経済不況と少なからず関係があるような。
理数科系の技術力を取得しても,活かせる職業が日本から少なくなったような気がします。
先程述べた職業の中には,日本で就業が困難な職業がありますね。例えば、退役予定のスペースシャトルのパイロットは,日本では大変困難ですね。アメリカのような宇宙開発が盛んな国に行かないと実現しませんね。残念でしかたありません。
それと、これは私の推測ですが,日本語力の低下があるのではないでしょうか。
理数科の文章の問題,説明に含まれる日本語の読解力に問題があるのでは。
理数科の苦手な私の推測で申し訳ないのですが?

投稿: 東京都民 | 2010年10月14日 (木) 00時05分

元気にやってますよ( ^ω^)

理科離れの原因として、学校の授業が受験対応に偏りすぎたというのがあると思います。
本来、面白くて興味をひく事柄を扱っていると思いますが、無機質に元素記号を丸暗記させたりして、生徒の興味を引かないということがあると思います。

もう一つは、将来の収入も、結局、苦労して理系の大学を卒業するより、文系の大学を遊んで卒業したほうが収入が良かったのも影響していると思います。
これについては、最近は再び理系の方が収入が高くなっているようですが・・・。

日本語力の低下については、数学にも理科にも言えると思います。
そもそも質問の意図がわからなかったりするのは、国語力に問題があるからだと言われています。

いろいろな要因が絡まっているので解決は容易ではないですが、時代が変わってまた見直されるのは間違いないと思います。

投稿: 伊木隆司 | 2010年10月14日 (木) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おかげ様で8周年 | トップページ | 陸自米子駐屯地 »