« 無策の策 | トップページ | 鳩山さん »

2010年8月26日 (木)

人生のピークとは

昨日も、県の監査委員の仕事で鳥取県庁へ。

------------------

【人生のピークとは】

人生のピークはいつなのか。

こないだ高校時代の友人たちと飲んでいて、そんな話になりました。

学生時代だったと答える者もいれば、私のように、これからもっと先にピークが来ると思っている人間もいます。

私は、人生のピークは遅いほどよいと思っています。

実際にピークがいつなのかは主観的な問題であり、実際には若い時にピークが来ていたのかもしれませんが、気持ちの問題としては、ずっと後になってピークが来るのが良いと思っています。

学生時代からここまで、やり残したことが一杯あるので、私には「自分はまだ何も成し遂げていない」という気持ちがあります。

だから、あれもこれもしっかり頑張って、出来れば結果も出して、一通りやることをやってからあの世に逝ければと思っています。

しかし、例えば70歳くらいまでにやりたいことのすべてが実現するだろうかと、疑問に思うことが多くあります。

そもそも何歳まで生きるかなど、神のみぞ知ることです。

とりあえずわかっていることは、読みたい本に関しては、死ぬまで決してなくならないということが、最近、うすうすわかってきました。

あれも読みたい、これも読みたいで、私の書棚には読まずにとりあえず買った本がたくさんありますが、がんばって読んでも減るどころか、少しずつ増えていっています。

ただ、こうして尽きることのない好奇心が生きるパワーとなっているのならば、仕方がないことだと思います。

そういう意味では、私の人生のピークは、もっともっと後になるのだと、そう思っているところです。

|

« 無策の策 | トップページ | 鳩山さん »

コメント

人生のピークは人それぞれなんでしょうね。感じ方は千差万別。伊木さんのようにこれからと答えれる人は今が充実しているのでしょう。自身の答えは死ぬ前に病床で感じるまま、それが答えだと思います。だからぽっくりは嫌なのです。

投稿: 会社員 | 2010年8月26日 (木) 12時53分

そうですね。
私の場合は、今が充実していると言えるかもしれませんが、それ以上に今までが不十分だったという思いをもっています。

死ぬ前に人生を振り返って、充実していたと思える人生にしたいところです。
ピンピンコロリでもいいですが、そういう意味では、ぽっくりでない死もいいかもしれませんね。

投稿: 伊木隆司 | 2010年8月26日 (木) 14時49分

 お久しぶりでございますsun
今日のブログは、まるで自分のことのようでした。そうそう!あれも読みたい、これも読みたい・・・ですよねsign03
そして増えるばかりsweat02
私も自分のピークはまだまだと思っています。
やりたい事沢山あります。
死ぬまでに間にあうかしら・・・coldsweats01

投稿: けいこ | 2010年8月26日 (木) 23時10分

>けいこさん

たぶん、死ぬまでに間に合わないのではないかと、私は思うのです。
だから、日々を精一杯生きて、その途中でお迎えがきたら、それはそれで仕方がないのかな、と思ったりもしています。

もちろん、あくまで前向きで行きたいところですね。

投稿: 伊木隆司 | 2010年8月27日 (金) 12時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無策の策 | トップページ | 鳩山さん »