« 民主党代表選 | トップページ | 日産マーチ »

2010年8月23日 (月)

アジアシフト鮮明に

金曜日は、午前中にご来客が1件。午後は、顧問先を訪問。

-------------------

【アジアシフト鮮明に】

昨晩のNHKスペシャル「灼熱のアジア」を見ましたか?

もはや完全に日本のモノづくりがアジアへシフトしていることが、はっきり認識できる映像だった。

タイの新興工業団地には、日本をはじめとする進出企業が600社以上集まっていた。

米子市が1社の企業誘致をするのに、ひぃひぃ言っているのと違い、大規模な工場の進出ラッシュが続き、太い高速道路が整備され、まさに高度成長を遂げている様子がよくわかった。

日本のハギワラのような、金型の超一流メーカーがタイ企業に買収され、タイの技術レベルは日本を追い越すまでになっている。

現地での受注ラッシュに、生産が追いつかず、日本の中小企業が下請けに入ってタイ工場を支える様子は、ものづくりが新興国と日本とで逆転している構図をはっきり示していた。

東南アジア地域は、今後、自由貿易協定(FTA)によって、さらなる貿易の活発化が見込まれている。

これをめがけて日本企業のアジアシフトは鮮明であり、アジアの利益で飯を食う時代に入ってきたことがよくわかった。

これでよくわかった。

なぜ、民主党政権が円高を放置し、派遣労働者の規制を強化して、日本の工場から人を締めだそうとしているかが、よくわかった。

円高を日本のメリットとするためには、輸出ではなく、輸入型の経済構造にしなければならない。

これから先、アメリカやユーロの金融危機が深まれば、ますます為替は円高にシフトすることが予想される。

それをデメリットではなく、メリットにするためには、工場を日本から追い出し、アジアから購買する構造に変えなくてはならない。

そのために、日本でものづくりをするなと言わんばかりに、派遣労働規制を強化したりしているのだろう。

これは、前から言ってるとおり、民主党の政治家の所業ではない。

政局に明け暮れる政治家たちに、そんな知恵は出てこない。

要するに官僚の知恵だ。

日本の官僚は、目的のためには手段を選ばないマキャベリのような非情さがある。

日本であふれた労働者はどうなる、なんてことは二の次であり、こういうところが、日本の官僚の恐るべきところでもあるのだ。

しかし、これは日本の生き残りのための戦術だから、受け入れて、対応していく方が、私は賢いと思っている。

自分の生活は自分で守る姿勢をしっかりと持たないと、この先の日本では、生活できなくなりそうだ。

|

« 民主党代表選 | トップページ | 日産マーチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 民主党代表選 | トップページ | 日産マーチ »