« 国民の遺書 | トップページ | グラバー »

2010年8月16日 (月)

お盆明け

お盆を過ぎると気候が変わりはじめるというが、なるほど今朝は涼しい風が窓から入ってきて、秋の気配をわずかばかり感じさせてくれた。

それでも日中は真夏日、猛暑日が続きそう。

残暑も厳しそうで、やっぱり温暖化が進んでいるのかと思ったら、南半球は記録的な厳冬で大変なことになっているようだ。

 

金曜日をお盆休みとさせていただき、3日間の夏休みはあっという間に過ぎ去った。

お墓参りに行き、お客さんを家に迎え、暇を持て余す子供の世話をして、お盆は過ぎ去った。

靖国に閣僚の誰一人参拝しなかったのは残念なことで、本当に先の戦争のことを理解しているのか疑問に思える。

靖国を軽視する政治家は、日本の舵取りをしてほしくない。

「自粛するのが基本姿勢」などと平然といってのける官房長官は、明らかに閣僚として失格であり、野党の政治家で十分だ。

菅氏に至っては、なんの理解も関心もなく、この人はいったい何がしたいのだろうと、改めて思った。

書店に行くと、菅氏の妻が書いた本がベストセラーになっているようで、私も立ち読みでぱらぱらとめくってみたが、「政治家に理念は不要」みたいなことが平然と書いてあって、夫もバカなら妻はもっとバカだなと思った。

指導者に理念が無かったら、どうやって人がついていくだろうか。

買ってはいけない本だと思うと同時に、即刻、首相を辞めていただきたいと思うのであった。

|

« 国民の遺書 | トップページ | グラバー »

コメント

土曜日、夜にTBSで放送してた、たけしとか長渕が出てたドラマは靖国問題、右思想が強くて久しぶりスカッとした。TBSが右であるのがハッキリしたが、他の放送局はどんな思想ですか。私も靖国は参拝して、当たり前、日本人なら当然と思っています。お国のために若い命を捧げた・・・涙で言葉になりません。

投稿: 会社員 | 2010年8月16日 (月) 13時46分

ああ、見ていませんでしたね。
NHKを見ていたように思います。

NHKは、真ん中を装いつつも、「死ぬことはすべて悪」みたいな主張を感じてしまい、やはり戦後の進歩的な思想を体現していると思わざるをえません。

投稿: 伊木隆司 | 2010年8月17日 (火) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国民の遺書 | トップページ | グラバー »