« メイド イン タイ | トップページ | 何の目的で? »

2010年7月20日 (火)

子供の世界

金曜日は、事務所で7月決算法人の税務申告書等の作成など。

土曜日になって、風邪が本格化し、発熱と咳が続いた。

日曜日も完治せず、トライアスロンのボランティアも欠席した。

昨日は熱は下がったが、夜になって咳がひどくなり、今朝は少々睡眠不足。

咳が止まらないのがいちばんつらい。

子供のあいだでは、夏風邪が流行っているとも聞く。

しかし、これを大人が食らうとしんどいものだ。

--------------------

【子供の世界】

今週から長男は夏休みに入った。

しかし、休みだからといって家にいると、もてあましてしまう。

父親がもっと遊んでやればいいのだが、風邪をひいているし、仕事も忙しい。

幼稚園に長い夏休みはいらないんじゃないかと思うのは、きっと、私だけではないだろう。

 

幼稚園でいろいろな言葉を覚えてきた息子だが、その一つに、「ゴセイジャー」というのがある。

ゴレンジャーを見て育った私からすれば、ある意味で懐かしい戦隊もののキャラクターである。

しかし、そこにはいろいろと時代の変化を感じるものがある。

例えば、メンバーの呼び名がみんなカタカナになっていることもその一つだ。

昔は、「赤レンジャー」とか「黄レンジャー」と日本語混じりで呼んだが、今は、「ゴセイレッド」とか「ゴセイイエロー」と呼ぶ。

ちなみに、「緑レンジャー」がなくなって、「ゴセイブラック」という「黒」が入ってきている。

黒は、敵の色と思っていたが、今はそうではないようだ。

さらに、ゴレンジャーでは、「桃レンジャー」だけが女性だったが、ゴセイジャーでは、「イエロー」と「ピンク」の2名が女性になっている。

この世界も、“男女共同参画”かと思った。

「イエロー」と言えば、当時は「黄レンジャー」だが、太っていて、カレーライスが好きで、いつもカレーライスを食べているという、三枚目キャラだったが、今は女性で真面目なキャラになっているようだ。

息子が、「ごとうのシーイックパワー!」とか叫んでいるから、どこの後藤さんだ?と思ったら、「怒涛(どとう)のシーイックパワー」のことだった。

 

そういえば、ゴレンジャーは当時、我が地元である皆生でロケをしたのが知る人ぞ知る伝説になっている。

私はまだ幼く、行ってみることはなかったが、友人のお姉さんがエキストラとして出演したのを覚えている。

皆生海岸の堤防沿いの道を、一列になって、ゴレンジャーのバイクが走っている場面を、今でも少し覚えている。

懐かしい子供のころの世界を、自分の息子を通じて思い出すのであった。

|

« メイド イン タイ | トップページ | 何の目的で? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メイド イン タイ | トップページ | 何の目的で? »