« 警告で終わり!? | トップページ | イクメン »

2010年6月30日 (水)

悔しい負け

昨日は、事務所で調査事案の片付け。そのほか、ご来客が2件。

----------------------

【悔しい負け】

こんなに悔しい負けはないんじゃないかと思った。

サッカーの日本代表は、延長でも決着がつかず、PK戦でパラグアイに敗れた。

試合前の情報では、PK戦を想定して、全員がPKの練習をしたと聞いていた。

日本の想定どおり、PK戦に持ち込まれたときは、「勝てるぞ」と期待した。

今大会、好調のGK川島が2本くらい止めるだろうと思った。

しかし、修羅場をくぐった経験の差だろうか、パラグアイは5人全員が決めてきた。

パラグアイは、普段からブラジルやアルゼンチンと南米予選でしのぎを削っている。

強いプレッシャーの中で、しっかり決められるのは精神的にもタフだからだろう。

あと一歩のところで、ベスト8を逃した。

決勝トーナメントで、優勝候補のイングランドと対決したドイツの選手が言っていた。

「我々は、生きるか死ぬかのゲームには慣れている」と。

すごい言葉だと思った。

この精神的なタフさが、修羅場では力を発揮する。

日本代表も、過去、ドーハの悲劇(1993年)などを経験しているが、他国に比べれば、まだまだ若い。

しかし、今回の試合のような、ギリギリの戦いを通じて、間違いなくタフになっていくことと思う。

敗戦から学ぶことが一番大事なことだが、今大会の一番の収穫は、チームワークの大切さを改めて知ったことではないだろうか。

前回大会の中田英寿のようなスタープレーヤーはいないが、よくまとまったチームだった。

大会前のテストマッチで、チームワークが悪くなりそうな雰囲気を報道されていたが、最後は、本当にまとまりのよいチームになっていた。

仲間割れした前回大会と比較すれば明らかだが、「いいチームだった」という印象を残すだけでも、大きな収穫だったと思う。

他にもいろいろあるが、この辺にしておこうと思う。

|

« 警告で終わり!? | トップページ | イクメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 警告で終わり!? | トップページ | イクメン »